部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らしでもペットの犬と一緒に暮らしてみたい

一人暮らしでもペットの犬と一緒に暮らしてみたい

一人暮らしをしていると、寂しいと感じることも多く、ペットと一緒に暮らしたいと考えるときがあります。
ペットとの暮らしは大変癒されるものですが、特に犬は人懐っこい上にしつけもしやすく、一人暮らしの人が飼いたいペットとして大変人気があります。

■一人暮らしで犬を飼いたいという人へ
命を育てる責任は重く、一人暮らしでは一緒に過ごせる時間も少ないためになかなか踏み切れないものです。
しかし命を預かる以上、一人暮らしで犬を飼うということについて、しっかり考えなければいけません。
やはり一人暮らしでは、どうしても犬を一人ぼっちにさせてしまう時間が長くなってしまい、犬のストレスにつながりかねません。
犬が幸せになれる環境をきちんと整え、飼い主も犬もストレスをためないような対策が必要なのです。

■賃貸契約をきちんと確認しよう
賃貸のアパートやマンションは、大家さんや管理会社がペットの飼育を禁止している場合もあります。
最近ではペット飼育可能な物件が増加傾向にありますが、更新時に規約が変わる場合もありますので、都度確認することをお勧めします。
規約に反して飼育することは、他の住人の迷惑にもなり、トラブルの原因にもなります。
ペット飼育禁止の物件に住んでいる方の中には、犬や猫のアレルギーを持っている方もいるかもしれません。

■緊急時の対策を考える
一人暮らしで犬を飼う場合、自分が入院してしまったり、事故で帰宅できなくなってしまったりした場合など、緊急時の対策を考える必要があります。
両親や兄弟が近くに住んでいるのなら、合鍵を渡して面倒を見に来てもらうよう頼むのもよいですし、ペットシッターサービスを行う会社を探しておくのも一つです。
また、犬が病気や怪我をしてしまった時ために、近所の動物病院や保険をチェックしておきます。
犬などペットの治療費は大変高額なので、ペット用の保険に入っておくといざという時安心です。

■飼い主と犬が仲良く暮らすためのしつけ
一般的に犬はしつけがしやすいと言われていますが、飼い主のライフスタイルや住環境に合わせてしつけをすることが必要です。
特に一人暮らしでは、犬が一人で過ごす時間が長いため、留守番時のトイレやむだ吠えをきちんとしつけることがより重要になってきます。
ペットの音や臭いは、近隣とのトラブルに発展しがちです。
また、むだ吠えなどのしつけが上手くいかないのは、犬がストレスをためているからかもしれません。
普段のスキンシップが少なかったり、一人暮らしの狭い部屋で十分な運動が出来なかったりすると、ストレスがたまってしまいます。
そんな可哀そうなことにならないためにも、きちんと散歩に連れ出してあげましょう。
どうしてもしつけが上手くいかない場合は、ペットのしつけ教室などに相談してみるなどして、お互いが幸せになれる関係を築くことが大切です。

【関連リンク】

一人暮らしでもペットの犬と一緒に暮らしてみたい ページ上部へ戻る