部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らしのゴミ事情、ゴミ箱は大きさに気をつけよう。

一人暮らしのゴミ事情、ゴミ箱は大きさに気をつけよう。

生活する上でかならず出てしまうのが生活ゴミです。
一人暮らしを始めたら、分別やゴミ出しなどすべて自分で行わなければなりません。
正しいゴミ出しのルールを知って気持ちよく生活しましょう。

■ゴミ捨て
面倒だと思う人もいるかもしれませんが、ゴミを捨てるときはルールに従ってきちんと分別をしましょう。
燃えるゴミ、燃えないゴミはもちろん瓶や缶、そして資源ゴミなどもきちんと分ける必要があります。
地域によって細かく別けなければならない場所もありますから、引っ越したときはきちんと確認しておく必要があります。
どうして地域によってルールが異なるかというと、ゴミを燃やす処理施設が異なる為です。
ゴミを回収して燃やす為には、膨大な費用が必要となります。
ゴミを自分たちで正しく分別することで、ゴミにかかる処理費用を抑えることができ、あまった費用はさまざまな教育や建設、そして道路整備などに回すことができます。
同じ金額を使うなら、ゴミにお金をかけるよりも自分達の生活向上に役立てたいものです。
また、回収曜日などのルールも守りましょう。
ゴミ捨て場に放置されたゴミは、カラスなどに荒らされて道路が散らかる原因になります。
他の住民とのトラブルになる可能性もありますから、きちんと曜日に合わせてゴミ出しすることが大事です。
最近ではゴミ出しする曜日をアラームで教えてくれる携帯アプリがあります。
どうしても忘れてしまうという人は利用してみてはいかがでしょうか。

■ゴミ箱の大きさ
ゴミ箱の大きさは、大中小さまざまなものがあります。
大きいタイプのゴミ箱は、ゴミを大量に捨てることができるのでたいへん便利です。
大きなゴミ袋にすれば、まめにゴミ出しする必要もないので楽だと考える日とも多いでしょう。
しかし、一人暮らしで大き目のゴミ箱を購入するのは避けたほうが無難です。
何故かというとまめにゴミ出しする必要がない代わりに、ゴミ箱には長期でゴミが留まることになります。
一人暮らしは、ゴミの出る量も少ないので満杯になるまで時間がかかります。その間ゴミ箱の中で生ゴミなどの腐敗が進んでいきます。
冬はそれでも腐りにくいのでいいかもしれませんが、夏場の暑い中生ゴミを貯めていると悪臭の原因になります。
その悪臭につたれて、ハエやゴキブリなどの害虫が餌を求めて寄ってくるのです。
よってきた害虫は、ゴミ箱周辺に卵を産む可能性もあります。
ゴミ箱は定期的に捨てることができる、中から小サイズのものを選びましょう。

■おしゃれなゴミ箱
ゴミ箱にビニール袋をかけている光景はよく見かけます。
ゴミが溜まったら袋をはずしてそのまま捨てることができるので、実際やっているお宅は多いのではないでしょうか。
しかし生活感が漂い、見た目はあまりよくありません。
最近では、ビニール袋が見えないように工夫されたゴミ箱が発売され人気を得ています。
「お部屋をもっとお洒落にしたい」と思う方は、ゴミ箱を変えてみるのもいいでしょう。

【関連リンク】

一人暮らしのゴミ事情、ゴミ箱は大きさに気をつけよう。 ページ上部へ戻る