部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 部屋探しを始める時期や下見のときのポイント

部屋探しを始める時期や下見のときのポイント

これから部屋探しをする方も、きっとたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
部屋探し、といってもどこに住みたいのか、どういう部屋がいいのかなど、人によって様々です。
ここは抑えておくべき、といういくつかのポイントを見てみましょう。

■部屋探しをする時期
進学や就職などで、部屋を借りなければいけない時期が決まっている人が多いので、時期といっても変更できない場合が多いです。
しかし、引越しをすることが好きな方などもいて、そういった方ですとどういった時期に部屋探しをしていけばいいのでしょうか。

インターネットなどで調べると、具体的に何週間前、と出てきます。
ですが、引越しというのはお金がかかるものです。
いくら節約しても、多少はお金がかかるので、金銭面を考慮して部屋探しをしましょう。

一番良いのは、引越し費用や初期費用などの資金が集まってから、探すことです。
やはり余裕を持って探すことが大切なので、支払えるだけのお金が貯まってから探すことがポイントです。

また、1月から3月は部屋探しをする人が多い時期になります。
家賃が安い、掘り出し物の物件などを探したい方は、これらの時期を外すといいでしょう。

■いくつもの物件を見よう
実際に部屋を下見するときにもポイントがあります。
まず、一つの物件だけ見て早急に決めてしまうことは避けましょう。
少し遠慮してしまうかもしれませんが、いくつもの部屋を見せてもらうことが大切です。

この部屋が良い、と思っても、もっと気に入る部屋が後から出てくるかもしれません。

ですが、急いでお部屋を探している方もいるでしょう。
そういったときは、事前にインターネットなどで部屋を探しておくことをオススメします。
インターネットの情報で、とても気に入る部屋などを見つけて問い合わせをすることで、時間短縮にもなります。

以前では、ネットに載っている情報は古い、というイメージがありました。

ですが最近では、部屋探しをインターネットで行う人が増えてきたこともあり、新しい情報であることが多いです。
忙しい方でも、好きな時間に見つけることができますので、インターネットも活用していくといいでしょう。

■家賃
部屋探しのポイントとして、とても大切なポイントの一つに家賃が上げられるのではないでしょうか。

不動産会社の方に希望の家賃を伝えるとき、その希望のまま伝えている方も多いと思います。
これくらいの家賃で、もっと安いほうがいい、などと、安い物件のほうが良いということを伝えてみましょう。
例えば70000円までは出せるけれども、もっと安いほうが良いといった場合には60000円台であるか、を聞いてみてもいいかもしれません。

毎月払っていくものですので、遠慮せずに聞くことが大切です。

部屋探しをするときのポイントは、これ以上にもたくさんあります。
自分がどうしても譲れないポイントを明確にすることで、不動産会社の方にも伝えやすくなるでしょう。
理想のお部屋を探すためにも、事前に準備しておくといいかもしれません。

【関連リンク】

部屋探しを始める時期や下見のときのポイント ページ上部へ戻る