部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らしのごはんを楽しくしながらやりくり上手になりましょう

一人暮らしのごはんを楽しくしながらやりくり上手になりましょう

一人暮らしのごはんは自分の好きな物を作って食べるのが楽しくなります。
自分のお腹が空いた時間に合わせて食事ができるのですが、栄養が偏ってしまう可能性があります。
それによって偏食しがちになるので気をつけて健康管理したいものです。

【ごはん】
一人暮らしの忙しい時や疲れているときはインスタント食品を利用してしまいがちです。
カップラーメンを食べるときは冷蔵庫の野菜をプラスするだけでも栄養になります。
塩分が気になる人はスープを全部飲まないで残す方が良いでしょう。
一人暮らしのごはんを始めて作る人も多いかと思います。どのくらいの食材を何日分買ったら食べきれるか不安にもなると思います。
最初はごはんのおかずになる納豆や豆腐など料理の手間が省けて手軽に食べれるのが良いでしょう。
味噌汁を一人暮らし分作るよりインスタントの味噌汁を利用して豆腐を入れると自炊のきっかけとなります。
無理なく楽しくなる自炊を心がけてくると継続出来るようになるでしょう。
最初から頑張ってしまうと疲れてしまうので自分の興味あるものや、食べたいものを作っていくことから始めると楽しくなり自然とキッチンに立つようになります。
ごはんをまとめて炊いて一杯分ずつラップに包んで冷凍しておくと小分けにして食べることができるし洗い物も少なく済みます。
ごはんがあるとないのだと買い物が違ってきます。ごはんがあるだけでおかずだけ買い足せばよいからです。
ごはんがないとお弁当を買ってしまうので食費も増えてしまいがちです。
近年では、深夜遅くなっても食べたくなるような和食の冷凍食品も充実しているので活用していきたいものです。
自炊が難しい方はレトルトを利用していくのも良いかと思います。
外食するより冷凍食品やレトルトを上手に利用していくと食費が節約できます。
コンビニで買物をするよりスーパーで買い物をすることで食材の相場がわかってくるからです。
最近は一人暮らしようの野菜をカットしたものが袋に入って売られているので手間が省けています。フルーツも小分けになっています。
お鍋も一人用に使えるようにキューブ型になっているので調味料の保存がきくので大変便利になっているようです。
一人暮らしでお魚を食べるのが少なくなってくると思うので缶詰を常備しておくと気軽に食べれるので買い置きしたいものです。
焼魚はフライパンで焼けるので上手に利用していくと良いでしょう。

【食費の支出】
1カ月の食費にかかる費用はどんぶり勘定だと大変なことになってきます。家賃の次にかかる費用は食費だからです。
人それぞれになりますが一人暮らしのごはんにかかる費用は外食も含めると3万円前後となっているようです。
自炊などして外食を減らしていくと、もう少し抑えることが可能でしょう。コンビニからスーパーで買い物をするだけでちがってくるものです。
意識を心がけることで食費は節約できます。健康管理も考えつつやりくり上手になりましょう。

【関連リンク】

一人暮らしのごはんを楽しくしながらやりくり上手になりましょう ページ上部へ戻る