部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸不動産ランキングを参考にした賃貸物件探し

賃貸不動産ランキングを参考にした賃貸物件探し

自宅を出て暮らし始めるにはまず、どんな部屋があるのか確認しなければなりません。
賃貸不動産ランキング上位はどんな部屋なのかを調べてみましょう。

■間取り
一人で暮らすのであれば、部屋の数は少なくてもよいという人もいるでしょう。
しかし、中にはどうしても趣味の部屋が欲しいという人もいます。そんなときは1R·1Kではなく1DKや2DKのように一部屋多く選んでしまいます。
ゆったりと過ごしたい人もやはり一部屋欲しいと思うでしょう。そうなるとシングル向けは2DK·1LDKに人気が集まります。
これから家族が増えるのであれば、一部屋多いほうがいいと思う人もいるでしょう。そうなると2DK·2LDKに注目が集まりランキングが高くなります。
落ち着いてくれば個人スペースを構えたくなります。子供から落ち着いて勉強の出来る部屋が欲しいと主張が出てきます。
お父さんも集中して仕事の準備をしたいとか、定年したので趣味のスペースが欲しいと言う人も出てくるでしょう。
やはり、そうなると間取りが広い、または多いほうがよいので2LDKや3LDKに人気が集まります。

■交通の利便性
職場へ出勤するとき、学校へ通うときは電車やバスを利用するのでやはり駅やバス停の近くを選んでしまいます。
出来れば乗り換えのないルートを選びたいところですがこのような場所にある賃貸不動産は人気があり空きが少ないでしょう。
そうすると、健康のために早起きをして駅やバス停まで歩くことになります。
交通機関が便利な点も賃貸不動産ランキングの上位です。

■施設が近い
また、ポイントとなるのはコンビニエンスストアやスーパーマーケットが近くにあることでしょう。
通勤や通学は時間を調整することはできますが、突然の事態にはやはり24hまたは深夜まで営業している商業施設がないと困ります。
急にお金が必要になったときには銀行またはATMが近くにないと大変です。
これらの条件も賃貸不動産ランキングのポイントです。

■設備
多くの方が参考にしているランキングの一つです。
一人暮らしの人があると嬉しい設備やファミリーには欠かせない設備など様々なランキングがあります。
どのような設備があると便利なのかなどイメージが付かない場合などは一つの参考にしてみても良いのではないでしょうか。
ただ、人気のある設備にこだわり過ぎてしまうと、設備が多くなってしまい家賃も高くなりがちです。自身の生活に必要な設備なのかどうか検討して条件に組み込む事が大切です。

【関連リンク】

賃貸不動産ランキングを参考にした賃貸物件探し ページ上部へ戻る