部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. アパートやマンションを借りる際の保証人とは

アパートやマンションを借りる際の保証人とは

通常アパートやマンションなどの賃貸物件を借りる際の契約では保証人が必要になります。
保証人と言っても種類があり、保証人と連帯保証人、根保証人、物上保証人などがあります。賃貸借契約に関しては連帯保証人が一般的となっています。

■連帯保証人の役割
保証人には基本的に親族がなることが多いです。それは、身の上を知っている近い親族の方がいざという時の責任能力を問えるからだと言われています。
連帯保証人はいくつかある保証人のなかでもっとも責任が重いと捉えた方が良いです。
もし家賃が払えなくなった場合、入居者の代わりになって家賃や部屋の汚損回復費用等も支払わなければいけません。断ることができません。
つまり、連帯保証人は賃貸借契約者と同じ責任があるということになります。

■保証会社とは
最近は、単身だったり核家族だったりで保証人を立てることができない人も増えています。
その場合の代わりの役割を果たす会社が保証会社です。
この保証会社は貸主指定の所が用意されている場合が多いです。必要な場合には相談をして契約上必要な連帯保証人の問題も解決できます。有料ですので確認が必要です。

■保証会社の詳細
一見入居者の代わりなのだから、いざ滞納した場合は入居者本人は払わず、保証人がどうにかしてくれてそれで終わりと考えている人も多いです。
ですが、実際の保証会社は便利だけど入居者が得をすることにはなりません。
それは、保証会社の仕組みを詳しく知ることで見えてきます。
まず、不動産会社指定の保証会社を利用するとなった場合、契約費用が発生します。
この費用は保証会社の種類により異なります。大体は初回費用として月額総支払額の○○%からと更新時の費用もかかる場合があります。
そして、もし滞納などという事態が起こった時は、一旦保証会社が代わりに支払いをします。
その後に、保証会社に支払わなければいけない費用を返済する仕組みになっています。
ですから、結局は入居者の支払う分が無くなるわけではないということです。
不動産会社としては、滞納されても家賃は保証会社から支払われるので損することもないので安心なシステムと捉えています。
また、高額だったり新築だったりの物件には保証会社が必須となっている場合が多いので、物件探しの際はこの保証会社の項目にも確認する必要があります。

アパートやマンションなど借りる際の保証人を立てる場合には、自身だけでなく他人にも責任を持たせてしまうということを肝に銘じることも大切な心構えとなります。

【関連リンク】

アパートやマンションを借りる際の保証人とは ページ上部へ戻る