部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らしで一ヶ月の食費を抑えることができる

一人暮らしで一ヶ月の食費を抑えることができる

一人暮らしを始めると、何かと節約する技が身に付いてきます。
決まった金額の中から、生活費を賄うためです。
そして、生活費を見直してみると意外と抑えることができる無駄な出費があることがわかります。
一ヶ月を過ごせる金額とは、一体いくらぐらいなのでしょうか。

■一人暮らしで節約するものとは
生活をする為には、最低限の支出があります。
家賃はもちろん、食費や衣服代など基本的な部分です。
家賃は決められた金額になりますので、抑えるとしたら食費や衣服または雑費などとなります。
衣服は、毎日同じ物を着ていると、清潔にしているにもかかわらず印象はマイナスになりがちです。
しかし、毎日違う洋服を着るとなるとかなりの出費があります。
ですから、ある程度着回しのできる服を選び、コーディネート次第で衣服に関する出費を抑えることができます。
次に、連絡網で必要な携帯電話です。
今は携帯電話が主流となっていて、連絡を取るにはまず携帯電話へかけることが多いのではないでしょうか。
ですので、固定電話をつけなくても携帯電話だけで十分と考えられています。
また、携帯電話でもサービスは様々ありますので、ニーズに合わせた契約をすることで電話料金を抑えることができます。
ちなみに電話し放題など、今の時代にあったサービスが増えてきています。
そして、一番大切な食費です。
一人暮らしをする上で、一番気を使うのが食事ではないでしょうか。
健康管理をするということは、食べることから始まります。
一日三食の食事を、規則正しくとることが大切です。
しかし、近代では不規則な体制も多く、食事を摂るのもままならないこともあります。
ですが、食事をすることで健康体でいられるということなので、できるだけ三食食べることをお勧めします。
また、一人暮らしだと、割と外食が多い傾向にあります。
例えば、昼食で一日千円使うことで、一ヶ月約三万円を食費に当てることになります。
昼食だけで、一ヶ月約三万円の支出があると自ずと生活が苦しくなるのは目に見えてきます。
ですので、食材を買いある程度作って保存しておくことで、食費を一気に抑えることができます。
今では一人暮らしの男性の方も料理をする傾向にあるので、スーパーマーケットでは一人の男性もよくみかけるようになりました。
食材によっては、冷凍できるものもあり、下ごしらえをして冷凍しておくことで、日々のレシピ要らずになります。
お金をかけるよりも、自炊し、少しの手間をかけることで節約となるのです。

■家計簿をつけよう
一人暮らしでの節約を目に見える形で、理解することが大切です。
レシートなどを使って、一ヶ月、何にいくら使ったなどを把握してみましょう。
光熱費や食費などは、少しの工夫で抑えることができるので、意外と苦なく楽しみながら節約することができます。
こうして、自分の生活基準を把握することもでき、余裕があれば将来に向けて貯蓄することもできます。

【関連リンク】

一人暮らしで一ヶ月の食費を抑えることができる ページ上部へ戻る