部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 新婚生活をよりよく過ごすための賃貸物件の探し方

新婚生活をよりよく過ごすための賃貸物件の探し方

結婚生活をスタートさせるには、新居だけでなく、家具、家電も必要になってきます。
今まで一人暮らしをしていた人が家電を持っていたとしても、新婚となると、サイズ感や、容量が変わってきます。
二人で使えるタイプを購入するより先を見据えて、ファミリーサイズを求める人が多いです。
新婚生活はなかなか出費が多くなります。例えば結婚式、新婚旅行、家具家電を揃え、さらには新居への引越しなどです。
特に、新居は二人の生活の基盤になる物なので、妥協せずに納得できる部屋を選びたいものです。

■新婚さんの新居探し
新婚さんに人気の賃貸物件は間取り面で見ると、2LDK、3LDKです。
3LDKに二人で住むのは少し広めですが、後々子供が産まれる事を考えるとちょうど良い間取りです。
また、新婚生活といってもいつでも仲良く一緒にいられるわけではありません。喧嘩になった時に、一人で落ち着ける空間がある事は重要です。
賃貸物件の特徴として、ライフスタイルが変わった場合、引っ越すことができます。
例えば、兄弟ができたり、子供の成長によって2LDKの部屋が狭くなったとします。
その時は3LDK以上の部屋を探し、引っ越せばいい話です。
後々を考えて、新婚で家を持つ事は素敵です。しかし、今のライフスタイルに合わせて賃貸物件に住む事で、家族の変化に対応しやすくなります。
最近の傾向としても、持ち家より、賃貸物件で新居を探す新婚さんが増えています。

■求める条件を考えよう
結婚は人生の大きなターニングポイントであり、今までの生活からガラッと変わります。
夫婦はもともと他人同士なので、今まで生活していた環境や、ライフスタイルも異なってきます。
結婚して同じ家に住むようになるのですから、お互いのこだわりや、意見を尊重して新居を探さなければなりません。
賃貸で新居を探す場合には、自宅に求める条件を二人で話し合っておくことが大切です。
また、二人の荷物の量も把握しておくと良いです。
部屋の候補が決まった場合は、収納スペースに収まるか考える必要があるからです。

■新居探しのタイミング
2月、3月は入学就職と合わせてファミリーの転勤も多い時期で、ライバルが多いのでじっくり探すには少し不向きかもしれません。
結婚式が4月から6月や9月から11月という方も多く、結婚式直前は打ち合わせなどでなかなか時間が取れなくなってしまいます。
中には結婚式はしたけど部屋がまだ決まってないからそれぞれ実家に暮らすという事もあります。
そのような事にならないように、新婚さんの新居探しはある程度時期に余裕を持ってお探しした方が良いと言えます。

【関連リンク】

新婚生活をよりよく過ごすための賃貸物件の探し方 ページ上部へ戻る