部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らしの模様替えは見つめなおすよい機会

一人暮らしの模様替えは見つめなおすよい機会

一人暮らしをしていると、つい掃除が雑になったり、服も収納できなかったりと油断してくるものです。
そこで、マンネリ化した空間を模様替えして、新たなお部屋をつくってみませんか。

■お部屋を広く見せるコツ
お部屋の広さを変えることはできませんが、せめて見た目だけでもくつろげる広さが欲しい場合。

【目の錯覚を利用する】
お部屋に入ると真っ先に目に付くのは「カラー」です。
存在感のある、カーテンやソファ、またテーブルやベットなどのカラーが多色で揃えてあると、かえって狭い印象を持ってしまいます。
ですから、お部屋の基本色をもとに同系色で統一すると、広さを演出することができます。
また、高さのある家具を置くとどうしても狭い雰囲気になってしまいます。
低い家具で統一することでも、広さや開放感をつくり上げることができます。

■収納の見直し
生活をしていると、例え一人暮らしでも物がどんどん増えていきます。
そこで、しまう場所をつくるのではなく、吊るす場所をつくることでスペースが空くことがあります。
壁などに固定できるもので、ネットにフックをかけて、かばんや小物など吊るせるものは吊るすこともスペース確保にはかかせないものになっています。
一人暮らしは自分中心のお部屋ですから、手の届く範囲に物がおかれています。
しかし、便利ではあるけれど居場所が埋まってしまう可能性があります。
置き場所を決めて、使ったらきちんと戻すことを習慣づけることが大切です。
そして、一番重要なのは捨てられないということです。
使うかもしれない、使えるかもしれないと捨てられない人がいます。
しかし、大半以上で使わない物が多いので思い切って捨てることが最適な収納と言えます。
それでも、捨てられない、絶対捨てたくない場合は、インターネットなどのオークションや古着屋さんなどに出品してみるのも一つの手段となります。
これは、自分は使えないけど、他の人にはとても必要な物かもしれないからです。
需要と供給で、お互いにお得感もあり、お部屋にとっても片付くので、近代では素敵な方法だと言われています。

一人暮らしの気分転換
リフレッシュするには、まずお部屋の模様替えをすることで気持ちの切り替えする人も多いのではないでしょうか。
どうしても散らかってしまうお部屋を、一度整理整頓しきれいにしましょう。
そして、自分なりに「散らからないルール」をつくることで、新たな一人暮らしを満喫できるかもしれません。

【関連リンク】

一人暮らしの模様替えは見つめなおすよい機会 ページ上部へ戻る