部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸住宅を借りるときの優先順位を決めておく

賃貸住宅を借りるときの優先順位を決めておく

お部屋探しをはじめるときは、誰もが理想の条件を持っていると思います。
しかし、全てかなえるということは安易なことではありません。
そこで大切なのは、自分の条件に優先順位をつけるということです。

■予算
一番気になるのは、「家賃」です。
賃貸住宅を借りる場合は、自分の収入の3分の1が大体の目安と言われています。
毎月の収入で、、家賃をはじめ水道光熱費や電気代など支払っていくことになります。
ですから、まずはじめに、毎月の生活費をシュミレーションしてみることも明確な優先順位を見付けることができる1つの手段となるでしょう。
無理のない予算で、自分に見合ったお部屋を探すことが大切です。

■立地
住むエリアによっても、賃貸物件を探す条件は異なります。
治安の問題や交通アクセスなどです。
賃貸物件が決まり、そのお部屋自体は自分の理想だとしても、周辺環境が不便さを感じてしまうと毎日の暮らしがつまらないものになってしまいます。
家賃の面では、駅から近ければ近いほど家賃は高くなります。
つまり、駅から離れるほど家賃は安くなるということです。
しかし、家賃が理想なのに交通費が莫大にかかるとなると、あまり意味がないのです。
そして、住む場所が観光スポットに近かったり、夜の顔を持つ街であったりすると、人の出入も多いので落ち着いた環境とは言えません。
ですから、毎日の通学や出勤をすることを第一に考え、尚且つ通える範囲内で探すことで立地条件も明確になってくるのではないでしょうか。

■賃貸住宅の探し方
いまではインターネットや住宅情報誌など、気軽に賃貸住宅の情報を得ることができます。
条件の仕方で、自分の理想の物件を探すことができるのです。
ですから、エリアや予算などが決まったら、まずはインターネットで情報を集めてみましょう。
優先順位でゆずれないものをチェックし、検索していくと一番大事な予算が理想のものではないかもしれません。
そこで、築年数にこだわらず、駅からどれくらいまでの距離が範囲ないなのかを選択することにより目安となる物件が絞り込まれます。
この中からまた、設備だったり間取りだったりと細かく条件を絞り込みます。
また、一人暮らしに好評な間取りに、ワンルームや1Kといったものがあります。
しかし、すべての物件のワンルームが同じ間取りということではありません。

面積が同じであっても、お風呂とトイレが同じスペース内に「ある、ない」でも間取りは異なります。
ですから、検索するときは「バス、トイレ別」などと条件を設定することもできます。
暮らすための環境を調べることも大切ですが、他にも基本的に大切なことがあります。
それは、賃貸住宅の建物の構造です。
木造や軽量鉄骨で造られているのが、一般的にアパートと呼ばれています。
遮音性が低くいものが多く、近隣の生活音が気になると言う人も少なくありません。
また、RC(鉄筋コンクリート)やSRC(鉄骨鉄筋コンクリート)で造られているのが、一般的にマンションと呼ばれています。
マンションでは、賃料は割高ですが遮音性も高く自然災害にも強い安全型と言われています。
こうした様々な賃貸情報を知ることにより、これからのお部屋探しに向けての視野も広がってくるのではないでしょうか。

【関連リンク】

賃貸住宅を借りるときの優先順位を決めておく ページ上部へ戻る