部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 再開発が進む本八幡の賃貸住宅の価格はどう変化するのか

再開発が進む本八幡の賃貸住宅の価格はどう変化するのか

本八幡は市民に優しい市役所づくりを目指している市川市にあります。
市川市の市役所は市川駅ではなく本八幡駅の近くに建設されています。
駅ビルにはスーパーや本屋なども入っており、お仕事帰りのお買い物も非常に便利な駅となっています。

■駅周辺や駅までの経路
JR総武線千葉駅はもちろん新宿方面にも延びているので、通勤や通学には便利です。
市役所にも近いのでファミリーが多い地域でもあります。
本八幡駅は南側が平坦な土地となっており、北側は20分程歩くと坂があり高台となる地域も出てきます。
駅駐輪場は無料駐輪場も高架下にあるので、バスを使わずに自転車で駅まで出るという方も多いです。

■駅の南側
本八幡駅の南側は平坦な地形となっているのが一つの特徴です。
24h営業のスーパーや大型ディスカウントショップなどもあり、お仕事の帰りが遅い方でもお買い物が出来る環境となっています。
駅からの南側へ20分程歩くと江戸川河川敷があり、朝や夕方などはお散歩をしている人を多く見ることが出来ます。
休みには河川敷で少年野球が行われていたり、橋を越えた向こう岸では無料でバーベーキューが出来る広場もあり、バーベキューの道具が揃っている人たちには魅力的なスポットとなっています。

■駅の北側
本八幡駅の北側は開発地域となっており、タワー型の分譲マンションが建ち並ぶ地域となっています。
タワーマンションの中には都営新宿線の出入り口と直結しているマンションもあるようです。
駅前はマンションが並んでいますが、20分程歩くと低層の住宅が多くなってきます。
坂を上ると高台になり、天気の良い日は東京スカイツリーを見渡す事が出来る眺めの良い場所もあります。

■本八幡の便利なところ
まず、一番にあげられるのは電車です。関東には観光や公共施設それに大企業がひしめき合っているので少しでも楽に移動したいと思うものです。
そのひとつでもある本八幡。都営新宿線や総武本線はもちろん、ふたつ隣の駅で乗り換えれば大型テーマパークや東京の西側へも楽に移動できるのです。
京成本線は成田国際空港や京浜急行経由で羽田空港へも繋がっています。
飛行機での出張が多い方は便利な立地であるといえるでしょう。
飲食店も多数あり、疲れた日に食事を作る余裕が無い時などは食事を済ませて家に帰るという一人暮らしにもありがたい駅周辺の環境となっています。

■家賃相場はどれくらい
千葉県とはいえ、駅一つや二つで東京都内となる立地なので、県内の中では家賃相場は少し高いと言えます。
一人暮らし用のワンルームや1Kタイプで6万円から7万円位のお部屋が多くなっています。
カップルや新婚さんが住むことの多い1LDKや2DKタイプは8万円から9万円前後、ファミリー世帯が多く住む2LDK以上のタイプは10万から11万円前後が多くなってきます。
本八幡駅から離れると賃貸アパートが増えてくるため相場も少し安くなってきます。
特に北側の坂の上になると、賃貸アパートの2LDKタイプで7万円前後となり家賃も変わるので、駅まで自転車で頑張れるという方は穴場と言えます。

複数路線や商業施設など生活環境が整っている本八幡周辺でのお部屋探しも検討してみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】

再開発が進む本八幡の賃貸住宅の価格はどう変化するのか ページ上部へ戻る