1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 一人暮らしのワンルームの部屋を快適にするコツ
このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らしのワンルームの部屋を快適にするコツ

一人暮らしの方が借りるお部屋で多いのは、ワンルームや1Kなのではないでしょうか。
一つの部屋の中にキッチンもあり、一人暮らしの方ですと十分な間取りだと思います。
ワンルームでの生活を更に快適にするためにはどうしたらいいでしょうか。

ワンルームでの注意点

まずワンルームで暮らす上での注意点を知りましょう。

キッチンと居住空間が仕切られていないため、キッチンでの作業には注意しましょう。
匂いや煙などが充満してしまうことが多くなるので、特に料理をされる方は気をつけましょう。
換気扇を回すなどして対応するか、料理をする方は1Kを選んだほうがいいかもしれません。

人を呼ぶときには、片付けるなどしなければなりません。
ワンルームの場合、住んでいる環境がそのまま一部屋に凝縮しています。
プライバシーの観点からも、部屋はきれいに保っておくといいでしょう。
あまり個人情報が分かる書類などを放置しないように注意することが必要です。

ワンルームのインテリア

一部屋しかないため、インテリアの配置などに困っている人も多いのではないでしょうか。
ワンルームの部屋が何畳かにもよりますが、あまり大きな家具は置けないことが多くなってきます。

まずは部屋にあった大きさの家具を買いましょう。
あまりにも大きすぎる、小さすぎる家具を買うと、アンバランスな部屋になってしまいます。
部屋に置いてあっても違和感がない大きさの家具を見つけることが大切です。

部屋が狭い場合は、物を減らしたほうがいいかもしれません。
物が多い部屋は、実際はそうでなくても汚く見えることが多くなってしまいます。
必要なものだけを置くようにするだけで、部屋をすっきり見せることができます。

天井を高く見せるためのポイントに、縦のラインを強調することが上げられます。
天井が低いと、部屋に圧迫感が生まれます。

縦のラインがあるもの、カーテンなどの柄をストライプにするなどすることで、天井を高く見せる効果があります。

部屋の入り口付近には背の高い家具を、奥には背の低い家具を置くことで遠近感が生まれます。
遠近感が生まれると、部屋が広く見えるため、部屋を広く見せたい方は試してみてもいいかもしれません。

ワンルームでの収納

一人暮らしでも、物は増えていくものです。
ワンルームのような限られた広さの中で、うまく収納をしていくことが大切になります。

例えば、玄関扉の上のスペースなどを活用してみるといいでしょう。
もちろん、ブレーカーなどがない場合に限りますが、突っ張り棒などをつかって棚を作ってしまいます。
そうすることで、あまり目立たない収納スペースを作ることもできます。

カラーボックスなどを活用して、自分にぴったりの収納スペースを作ってもいいかもしれません。
ただ箱を並べるだけではなく、色や大きさなどを自分好みにしてみると、見ていても楽しい収納スペースが生まれます。

ワンルームを活用して、一人暮らしを楽しんでいきましょう。

一人暮らしのワンルームの部屋を快適にするコツ ページ上部へ戻る