部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 新築の家に住むときに必要なものや分譲と注文の違いなど

新築の家に住むときに必要なものや分譲と注文の違いなど

新築で家を建てる、という夢をお持ちの方はきっとたくさんいるのではないでしょうか。
また、実際に新築の家を建てた、という方もいらっしゃるでしょう。
新築の家についていくつかのポイントを見ていきましょう。

■注文と分譲
新築の家といっても、それが分譲なのか注文なのかによって大きく変わってきます。

まず分譲住宅とは、もともと建てられている家を購入していく形になります。
新しくできた住宅街などで、同じような形、大きさの一軒家が並んでいる光景を見たことがある方も多いでしょう。
そういった家は分譲住宅であることが多いです。
新築で家を何軒も建てていくのですが、同じような材料を大量に使っていくので、コストダウンをすることが可能になります。
購入するときの価格も、多少安くなっていることが多く、お得だと言えるかもしれません。

また注文住宅とは、家を建てる人の希望を汲んで建てていく家になります。
分譲住宅に比べ、価格はお高くなることが多いですが、なんといっても自分たちのオリジナルの家を作ることができます。
設備や間取りなども自由に考えることができるため、理想どおりの家に住みたい、となれば注文住宅のほうがいいかもしれません。
二世帯住宅や平屋などに住みたい、と言った場合ですと、注文住宅にすることになるでしょう。

分譲住宅は安く手に入るほかに、住み始める前に家を見ることができることも特徴です。
家を見る段階では、まだ購入をしていませんから、この家は候補から外す、と言ったことも可能です。

注文住宅はなんといっても、自由が利くことが特徴と言えます。
壁紙の色一つとっても、たくさんの選択肢があるので、世界で一つだけの我が家を作ることができます。

■必要なもの
賃貸のアパートやマンションですと、ある程度の家具や家電がついていることもあります。
しかし、新築の家ですと必要なものを揃えていかなければなりません。

例えばエアコンです。
最近のアパートやマンションでは、設備として最初から付いていることが多くなっています。

ですが新築の家ですと、自分たちで購入して設置しなくてはいけないので注意が必要です。
また一軒家ですと部屋数も多いことから、一つで足りないことのほうが多くなるでしょう。
事前に何台必要かを確認しておくといいかもしれません。

照明なども自分たちで買うことになるでしょう。
天井にある照明もそうですが、間接照明などを設置したいと考えている方も忘れないようにしましょう。
電球などは予備を切らさないようにしておくと更に安心です。

カーテンやベッド、食器棚も、その家の大きさに合わせたものを買うことが必要になります。
賃貸ではほとんどの物件についているカーテンレールはオプションとなる事も多く、自身で購入して取り付ける方も多いようです。
入居直前で慌てないためにも、余裕を持って準備しておきましょう。

新築の家に住むことが夢の方、実際に住む方も多いでしょう。
一生に一度の買い物ですので、後悔しないように準備をしていくといいかもしれません。

【関連リンク】

新築の家に住むときに必要なものや分譲と注文の違いなど ページ上部へ戻る