1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 安全でポカポカになる床暖房のメリットや費用など
このエントリーをはてなブックマークに追加

安全でポカポカになる床暖房のメリットや費用など

足元からポカポカと暖かさが伝わる床暖房を設置したい、と思ったことがある方は多いのではないでしょうか。
ですが、快適に過ごすことができるのか、工事費は、電気代は、など疑問がたくさんあると思います。
床暖房について詳しく見ていきましょう。

床暖房の種類と特徴

床暖房と一口に言っても、種類があることを知っていますか。
床暖房は電気式と温水式の二つに分けられます。

まず電気式の特徴からです。
電気式は、適温になるまでに時間がかかると言われています。
そのため、ランニングコストが無駄にかかってしまう場合もあるそうです。
温風を吹き出すわけではないので、乾燥が気になる、と言ったことはありません。
また、室内を均一に暖めることも可能ですが、長時間座っていると暑く感じることもあるので注意が必要です。
熱源は電気ですので、有害な空気を出すこともなく、小さいお子さんがいても安心して使用できます。
ですが、長時間座ることによる低温やけどには注意しなければいけません。

次に温水式の特徴です。
電気式に比べ、適温になるまでの時間が短いため、ランニングコストも抑えることが可能です。
赤外線による輻射熱で、部屋全体を均一に暖めることができ、他の暖房器具が必要ない場合もあるそうです。
温水をめぐらせることによって床を暖めますが、高温になることがないので、暖かい状態を維持してくれます。
こちらも、熱源は温水ですので、有害な物質が放出されることがなく、安全です。
電気式よりは低い温度で暖めるので、低温やけどの危険性も少なくなります。

床暖房の費用

実際に床暖房を設置するとなると、工事費や毎月の使用料などがかかってきます。

6畳の部屋に設置する際の初期費用は、電気式が約3万円、温水式が約6万5千円と、温水式のほうが高くなります。
毎月使用していく際の費用になると、電気式が約7千円、温水式が約4千円となっています。
初期費用は温水式が倍くらい高くなりますが、毎月の費用は電気式のほうが高くなっています。
長期間使い続けると、温水式のほうが安く抑えられると言えるかもしれません。

電気式の床暖房ですと、電気代が高くなってしまうこともあります。
最近では蓄熱式の床暖房も出てきていて、電気代が安い深夜に蓄熱をすることもできます。

また、エアコンなどと違い、床からの熱になるので、子供も暖かく感じることができるでしょう。
大人ですと身長が高いため、エアコンなどの暖かさを感じることができます。
ですが子供は背が低いため、上からの暖気を感じにくいとも言われています。
床からの暖気ですと、背が小さくても感じることができるので、どのような方でも暖かく過ごすことが可能です。

床暖房は他の暖房器具に比べ、安全だと言われています。
初期費用や毎月の費用などを考え、設置を検討してみるといいかもしれません。

安全でポカポカになる床暖房のメリットや費用など ページ上部へ戻る