部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らしをする人のインテリアコーディネート

一人暮らしをする人のインテリアコーディネート

一人暮らしをされている人、またはこれから一人暮らしを考えている人はどんなことに重視してインテリアをコーディネートするでしょうか?
一人暮らしの間取りから、どのようなコーディネート方法があるか考えてみましょう。

■まずは一人暮らしの間取りから
一人暮らしをしている人はどんなお部屋に住んでいるでしょうか。
一般的に1Rや1Kから一人暮らしをスタートされる人は多いでしょう。一人で暮らすには一部屋で十分と感じる人が選ぶ間取りといえます。

1R
キッチンとお部屋の仕切りがなく一体となっている間取りです。仕切りがない分お部屋が広めということも少なくありません。この間取りは初めての人でも、インテリアをコーディネートしやすいといわれています。

【1K】
お部屋とキッチンの間に仕切りがあり、お部屋が分けられているタイプの間取りです。水道を使ったり料理をしたり、その時に水蒸気などが発生するので、1Kにすることで湿気を防ぐことができます。

その他に、1DKや1LDKの間取りも人気があります。お部屋が広い分、1Rや1Kに比べると賃料は少し高めです。この間取りには十分な広さが確保できるので、くつろげるスペースを作ることが可能といえます。

【1DK】
ダイニングキッチン(DK)と居間が別になっている間取りです。ダイニングキッチンの広さは一般的に1部屋以上は4.5帖、2部屋以上の場合は6帖以上の広さとなっていることが多いです。この間取りの場合、食事をするスペースが分けられるので、その分インテリアのバリエーションも広がります。

【1LDK】
リビングダイニングと部屋が1部屋ある間取りです。1部屋の場合リビングダイニングは8帖、2部屋以上の場合は10帖以上の広さが一般的です。お部屋も十分広いので、大き目のインテリアを置く余裕も出てきます。

■簡単に始められるシンプルインテリアコーディネート
インテリアに興味がある人は、自分の好みに合ったテイストでコーディネートする方法を考えると思います。
そんな中でも、インテリアのコーディネートの仕方がわからないという人も少なくありません。
一人暮らしを始める人なら、どんなものを揃えたらいいのか分からなかったり、予算にも限りがあったり悩みはさまざまあります。
そんな人でも簡単に始められるコーディネートとひとつとして「シンプル」にインテリアをまとめる方法があります。
「シンプル」と言ってもコーディネート方法はたくさんありますが、まずはカラーを統一して揃えることから始めます。
一番シンプルで、お部屋を綺麗に見せるカラーとして「白」を貴重としたお部屋のコーディネートあります。
インテリアのカラーを揃えるだけでお部屋に統一感が生まれスッキリとさせることができます。
また、そこから色々なテイストとして変化させることも可能です。
「白」の他に、違うカラーを取り入れることで自分好みのお部屋に変えることもでき、これから模様替えを考えている人でも簡単にお部屋の雰囲気を変えることができます。

【関連リンク】

一人暮らしをする人のインテリアコーディネート ページ上部へ戻る