部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 食器棚を上手に活用して一人暮らしを快適にしよう

食器棚を上手に活用して一人暮らしを快適にしよう

一人暮らしには食器棚は必要になってくると思います。自炊するときに食器棚に食器を収納しないと衛生的にあまりよくないといえます。
一人暮らしの部屋は狭くて置く場所も限られてくるのでいらないと思うかもしれません。
だけど食器だけでなくお菓子を入れたりお弁当箱、タッパーを収納することができます。
その他にも乾物類を入れても良いし、飲み物のティーカップ用品を入れておくこともあるかと思います。
あとは日用品で使う物を収納してもキッチンがスッキリして良いといえます。
食器棚に電子レンジと炊飯器もおけるタイプも多くなってきています。
一人暮らしに選ぶ食器棚はどんなタイプが使い勝手が良いのでしょう。

「食器棚」
一人暮らし用の部屋は狭いのでなるべくスリムで使い勝手が良い物を選びたいものです。
食器棚といえば扉があるのもと思いがちですが限られたスペースに置くためこだわらなくても良いとおもいます。
例えば食器が多くない人だったらよく本棚に使うボックス型を組み合わせてはどうでしょう。
プラスチック製のものに食器をまとめておいたり箸やスプーンだったら使わないコップに立てて収納できます。
お皿は重ねていくと取りづらくなるのでコの字ラックを利用すると二分かつできその上に物が重ねられます。
見た目を色で色を統一したり定番の物を揃えていくと増やして行くときにバラバラにならなくて物がスッキリ見えます。
最近はステンレス製のラックもカラーが増え部屋を明るくしてくれます。
その他にラックを食器棚代わりにしても違和感ないと思います。
キャスターが付いているので移動しやすく一人暮らしでも動かしやすいと思います。
サイズも高さから幅まで広くあるし棚も増やすことができるので便利かと思います。
自分で組立も簡単にできるし、軽いものなら持ち帰ることが出来ます。
値段も割りと安くなっているし、いろいろなものに使えて便利といえるでしょう。
もしラックを食器棚に使わないことになったとしても、洋服をおいたり本棚にしたりできるから損はないでしょう。
それに自炊をするようになれば食器の他に、食品を置く場所も欲しくなります。
ラックを使うことによって電子レンジを置くこともできるし、炊飯器も置けて部屋がスッキリとなるわけです。
よく使う食器などはかごに分けておくと取りやすくなります。
調味料などは毎日使うものなので取り出しやすい場所に置くことで動線がスムーズにいくでしょう。
隠す収納と見せる収納を上手に使い分けて一人暮らしを快適に過ごして行きたいものです。

【関連リンク】

食器棚を上手に活用して一人暮らしを快適にしよう ページ上部へ戻る