部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らしの賃貸契約時に必要となる保証人とは

一人暮らしの賃貸契約時に必要となる保証人とは

一人暮らしで賃貸に入居するとなったら、契約時に保証人を立てることが必要です。
保証人には通常の「保証人」と「連帯保証人」という種類があります。
それぞれにはどんな役割があるのでしょうか。

■保証人とは
賃貸の例で言いますと、通常の保証人には契約者が家賃を支払えなくなった場合に代わりに支払う義務があります。
ですが、契約者よりも先に支払いを要求されることはありません。
「契約者が滞納し続けているので代わりに支払ってください」と要求されても、「契約者に強く請求してどうしても支払えなければこちらに連絡をください」と拒否することができます。
これは法律用語で「催告の抗弁権」と「検索の抗弁権」と言います。
「まずは契約者に対して請求してください」ということと、「契約者の財産があればそちらを差し押さえてでも請求してください」という2つの権利です。
保証人は、契約者本人が滞納などの問題を解決しなかったとき、そのあとから要求されるのです。

■連帯保証人とは
連帯保証人は、通常の保証人とは違い契約者と同等の支払い義務を負います。
通常の保証人も連帯保証人も、まず契約者に家賃の支払いが要求されるのは同じです。
しかし、連帯保証人には直接支払いを要求することができ、またそれに対しては通常の保証人のように拒否することができません。
連帯保証人には「催告の抗弁権」と「検索の抗弁権」がないのです。
契約者に充分な支払いの能力があったとしても、先に連帯保証人の方に要求されてしまうことがあるのです。
このようなことから、連帯保証人には通常の保証人よりも重く責任がのしかかってくるということが言えます。
賃貸借契約の場合は、未成年者が一人暮らしの契約者になることも多いことなどから、連帯保証人を立てるのがほとんどです。

■保証人を頼むとき、頼まれるとき
必要があって保証人を頼むとき、通常の保証人でも連帯保証人でも断られてもともとという気持ちでいる方が良いでしょう。
なかには、保証人を引き受ける代わりの見返りを逆に求められることもあるかもしれません。
頼める人が身近にいない場合、保証人の代行をしてくれる保証会社を利用すると実際に保証料が請求されます。
頼まれたのが保証人である場合も、連帯保証人よりリスクが低いからと安易に考えるのも危険です。
責任の大きい小さいもあるかもしれませんが、万が一のとき自分の家族や相手との関係がどうなるのかなどもよく考えて見ましょう。
保証人や連帯保証人になるにはこれが必要という絶対的な規則があるわけではないですが、一人暮らしが初めてなら親族の方を立てるのが一番安心なのではないでしょうか。

【関連リンク】

一人暮らしの賃貸契約時に必要となる保証人とは ページ上部へ戻る