部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らしをする場合の失敗しない賃貸物件探し

一人暮らしをする場合の失敗しない賃貸物件探し

一人暮らしをする場合、賃貸物件で生活する人がほとんどだといえます。
賃貸物件の種類や数は豊富で、その中から自分の理想の部屋を探すのは大変なことです。
初めての一人暮らしならなおさら不安や心配を抱く人も多いでしょう。
失敗しない賃貸物件探しにはいくつかのポイントがあります。
一人暮らしのための賃貸物件探しに欠かせないポイントをいくつか紹介します。

■無理のない家賃
まずは気をつけたいのが家賃です。
家賃は賃貸物件で生活するのに毎月発生しますが、ここで失敗してしまうと大変なことになってしまいます。
無理のない家賃の金額は、月収の3分の1が理想的だといわれています。
一人暮らしに必要な費用は家賃だけではありません。
水道光熱費や食費、そして交際費や通信費など必要な生活費はたくさんあります。
家賃に大きく負担していれば苦しい生活になるのは間違いありません。
そのため、自分の収入に合った金額で賃貸物件探しをすることが大変重要なことだといえます。
お部屋を決める前に、自分の収入と家賃や生活費とのバランスをシミュレーションしてみるのも良いでしょう。

■生活しやすい立地
賃貸物件を探す場合、立地にもこだわりましょう。
家賃を安く見積もって賃貸物件を探したら、駅から遠くお店も何もない住宅地だったということになれば暮らしやすい環境には程遠いといえます。
最寄駅の乗り入れ路線が少なく、通勤や通学に乗換えを何回もしなくてはならなかったり、電車に乗る時間がとても長かったりしたらどうでしょう。
通学や通勤のための移動がストレスとなり、勉学や仕事に支障をきたしてしまうのです。
オンタイムの充実には立地の利便性が欠かせません。
そして駅からの距離も程よく、買い物をしやすい環境は生活しやすさに繋がります。
賃貸物件を探す際は自分なりの生活しやすい立地を見つけることが大切なのです。

■間取りの種類を知る
一人暮らし向けの賃貸物件といっても間取りの種類はたくさんあります。
ワンルームタイプはキッチンと居室スペースとの間に、壁やドアなどの間仕切りが無い間取りのことをいいます。
圧迫感がなく空間を広く感じられることが魅力的ですが、キッチンの設備が簡易的で人によってはそれを不便に感じてしまいます。
コンロの口数が1口であったり、調理台が狭かったりする場合があるのです。
自炊をしたいと考えている人やお料理が好きな人には不便な環境といえます。
1Kタイプの部屋はキッチンと居室スペースがドアで仕切られ、キッチンが独立しており2口コンロが設置されている賃貸物件もあります。
自炊をしたい人はワンルームタイプよりも1Kタイプのほうが生活しやすいでしょう。
このように間取りの種類を知り、自分の生活スタイルに合った賃貸物件を探すことが大切なのです。

一緒に生活する人が他にいれば、自分と生活を共にする人全員の生活スタイルに合わせた環境を条件に賃貸物件探しをしなければなりません。
それが一人暮らしであれば、自分の好きな条件で賃貸物件探しをすることができるのです。
せっかく一人暮らしをするのであれば、自分だけの快適で暮らしやすい賃貸物件を見つけると一人暮らしならではの醍醐味を感じることができます。
失敗しない賃貸物件探しのためのポイントはまだまだあります。
インターネットや雑誌そして経験者のアドバイスなどから、重要な情報をしっかり見聞きすることが大切です。

【関連リンク】

一人暮らしをする場合の失敗しない賃貸物件探し ページ上部へ戻る