部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 土地の探し方は家を建てることと同じくらい重要です

土地の探し方は家を建てることと同じくらい重要です

家を建てるとき必要な土地は、どんな方法で探せば良いのでしょうか。
自分が用意できる資金と予算の目安を持つことはもちろんですが、最初に何をするべきなのかを分からないという方も多いと思います。

■生活スタイルをイメージする
まず、家族や自分の生活スタイルを具体的にイメージして目的や好みをはっきりさせておくことが大事です。
広さや周りの環境、また交通の便利性なども考慮していくとおのずと候補となる地域が絞られてきます。

■土地の相場を知る
土地の探し方で欠かせないのが土地の相場を知るということです。
希望の地域が絞れたら折込チラシでもインターネットでも相場や価格帯をよく見てみましょう。
隣り合う地域の相場や価格帯を調べるなど、なるべく多くの情報を集めて欲しいと思います。
多くの情報を見ていくうちにだんだんと、値段が高かったり人気があったりする土地の傾向が掴めてきます。

■予算をトータルで見直す
希望と予算が釣り合いそうな物件があったら、ここでまたその場所にはどんな家が建つのかをイメージすることをおすすめします。
土地だけを先に購入していた場合、土地で予算オーバーしてしまい家造りへの予算が限られてしまうことがあります。
なるべく思い通りの家を建てるためにも、土地を探しているこの時点で改めて土地と家造りへのトータルな見直しが必要となるのです。

■土地の探し方で注意したいこと
立地や広さなど自分の希望をクリアした土地が見つかったとしても、気をつけたいことがあります。
ひとつは、どの自治体でも定められている都市計画法です。
土地を何らかの理由で使用するときは、都市計画法によって制限された範囲での使用が義務付けられます。
過密化を防ぐために、敷地面積に対する建物面積の割合などが制限されるのです。
この割合は自治体が適用している区域や用途により異なります。
同じ100坪の広さの土地でも、80坪の大きさで建てられる区域と60坪でしか建てられない区域があるということです。
もうひとつ、建築基準法ではリビングやキッチンなど居室の窓に自然採光や換気が充分にできるよう一定以上の大きさが決められています。
その大きさに満たない場合は居室として認められません。
車庫やベランダ、また外階段などの面積も一定の基準があり、それによっても建てられる大きさが変わって来ます。

複雑な法規制や土地の探し方がよくわからないとき、自分が用意している希望を提示しながら専門家に相談するのがいちばん良いでしょう。

【関連リンク】

土地の探し方は家を建てることと同じくらい重要です ページ上部へ戻る