部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 動物と暮らす人のために建てられたペット共存型マンション

動物と暮らす人のために建てられたペット共存型マンション

ペットマンションという言葉を知っていますか?
ペット相談可物件はよく耳にします。これはその賃貸の不動産会社の人や大家さんにペットの相談をして犬の大きさや体重でそのペットと暮らせるのかが決まります。
また、ペット相談可物件ではペットを飼っていない人も住んでいます。
そしてペットマンションはペットと暮らすために建てられたマンションなので全ての住人がペットを飼っています。
このペットマンションですがペットと人が一緒に暮らすという意味で、ペット共存型マンションとも呼ばれています。

■ペット禁止
猫や動物のアレルギーがあるために、賃貸探しをする際にペット禁止の賃貸を探す人も中にはいます。
ペット相談可物件だと中にはペットを飼っている人ます。そのためペットを飼っていない人が動物の鳴き声などの騒音やニオイに対してストレスを感じて近隣トラブルになる場合が多いです。
ペット禁止であれば住人全員がペットを飼っていないので、ペットの問題が起こる可能性はまずありません。

■ペットマンション
今ではペット可のマンションは多く存在しますが、ペット可のデザイナーズマンションも珍しくはありません。
他にはペットマンションがあります。動物と暮らすために作られているペットマンションですがどういった設備があるのでしょうか?

【ハイポジションコンセント】
これはコンセントの位置が動物の届かない高い位置にあるので、配線などのコードを動物がかじって感電してしまうことを防ぐことが可能です。

【ペットくぐり戸】
これは動物が自分でくぐり抜けることのできる小さいドアのことです。ペットのトイレの場所を分けることができてニオイを気にすることもなくなります。衛生的に見てもこの方が良いはずです。
人間がドアを開かなくても、動物が好きになときに自ら部屋を移動することができるので、動物のストレスも軽減されます。

【汚物流し場】
外の共用スペースに設置されているこの流し場があれば、散歩から帰ってきたときにペットの糞をここに流すことができます。
部屋に持ち帰らなくても汚物を処理することができて、衛生的にも良いです。

【リードフック】
玄関の横についていることが多く、犬のリードをここに引っ掛けて繋いでおくことが可能です。
この設備は大きな犬が引っ張ってもいいように丈夫な造りになってます。また犬のリードも外れにくいようにもなっているので安心して犬を繋げます。

【ペット足洗い場】
散歩から帰った後に汚れた犬の足を洗える場所です。洗い場は少し高くなっていて人に負担をかけないようになっています。
また犬が自分で降りられるほどの高さでもあります。そして排水溝部分も犬の手挟まらないように、安全を考えて作られています。
そして洗いやすいようにホースのようなもので水を出すことができます。部屋まで行かなくても犬の足を洗うことが可能です。

【飛び出し防止ドア】
出かける際に玄関のドアを開けますが、玄関の前に低いドアが設けられているので、ペットが外に飛び出すということが防げます。
外に飛び出した際に考えられる危険は多く挙げられますが、これがあればペットを危険にさらすこともありません。

【クッションフロア】
フローリングなどのペットが滑りやすい床では、転んだ際には足に負担がかかっています。そして人間が気づいてないだけで足を痛めている場合もあります。
そのためこの床材はペットの爪でも傷つきにくく、衝撃を吸収する柔らかいフローリングでできています。
そしてペットが転びにくくもなっています。ペットがケガをする可能性も低くなります。

【貼り分けクロス】
ペットが傷をつけやすい部分の壁紙が貼り替えやすいようになっています。上下で貼り替えできるものもあります。
また汚れを吸収しにくく、掃除したらきれいになるようになっているものもあります。さらにペット特有のニオイも染み付かないようなクロスもあります。

このようにペットマンションとはこの空間で暮らす動物と人間のことが考えられているのです。
ペットマンションで暮らしている人たちは、普通の賃貸でペットと暮らしている人たちより、ペットと人が充実して暮らせているのではないのでしょうか?

【関連リンク】

動物と暮らす人のために建てられたペット共存型マンション ページ上部へ戻る