部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. リノベーション物件とは、メリットやデメリットを考える

リノベーション物件とは、メリットやデメリットを考える

最近リノベーション物件という言葉が聞かれるようになりいました。ではリノベーション物件とは何のことでしょうか。リノベーションを和訳すると、改善や修復を意味しています。
リノベーションと似た言葉でリフォームという言葉がありますが、リフォームとは現状回復という意味です。
一般的にリノベーション物件とは原状回復してさらに、何らかの付加価値を加えた物件のことを言うようです。

■リノベーション物件のメリット
リノベーション物件の魅力は自分の生活スタイルに合わせて設備の入替えなど行う事ができます。
毎日自分の洋服を自分好みで選ぶように、自分らしい住まいを実現できます。
建売住宅や分譲マンションで見られる無難な内装とは違った自分好みのデザインを選ぶことが可能です。
リノベーションすることを考えれば、物件選びも選択肢が増えることでしょう。
自分の希望のエリアで希望の条件にぴったり適った一戸建てやマンションを探すのは大変なことです。
最終的にどこか妥協して物件を決めてしまうのではないでしょうか。
リノベーション前提で物件を探すのであれば、住みたいエリアや好立地の物件にめぐり合えるかもしれません。
またコストの面でも魅力があります。
同じ条件の新築を購入するのと比べ、中古物件をリノベーションするほうが2割から3割価格を抑えられることが多いようです。

■リノベーション物件のデメリット
リノベーション物件に多くのメリットがありますが、全くデメリットがないわけではありません。
中古の一戸建てやマンションを購入する場合は築年数に注意が必要です。
建築基準法の改正により、以前の耐震基準で建てられた物件は現在の基準を満たしていないかもしれません。
耐震基準を満たすために、耐震対策などの費用が必要になってしまえば新築よりも費用が高くなってしまいます。
しかし以前の基準で建てられた物件でも高いレベルで設計されているものも中にはあります。
耐震面で不安があるのであれば専門家に相談したほうがよいでしょう。
中古物件を購入する場合は、物件を探して決めればすぐ入居することが可能です。
しかしリノベーションを行うことになれば、こだわりがあればあるほど建築士との打ち合わせには時間がかかります。
自分の理想の住まいを実現するには必要な工程ではありますが、実際入居するまでに時間がかかることから早く住み替えしたい人には向かないでしょう。
中古物件を購入してリノベーションしようと考えている人はローンを組む際に注意が必要です。
リノベーション済みの中古物件の購入であれば住宅ローンの利用になりますが、購入後にリノベーションするのであればリフォームローンを利用することになります。
リフォームローンは住宅ローンに比べて金利が高いのが一般的です。

リノベーション物件とは自分らしさを住まいに求める人には魅力的な物件です。中古物件の購入を考える際にはリノベーション物件も選択肢にいれてみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】

リノベーション物件とは、メリットやデメリットを考える ページ上部へ戻る