部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸アパートでもペットが飼育できるペット可物件

賃貸アパートでもペットが飼育できるペット可物件

ペットを飼う人達が増えている今、賃貸物件でもペット可物件が増加しています。
癒しの存在で大切な家族の一員として、一緒に住みたいという希望を叶えるための物件を探してみましょう。

■ペットを飼育する
ペットを飼育するにあたり、やはり気になるのは種類。
ほとんどのペットは、犬や猫、または小鳥やウサギなどです。
賃貸の限られたスペースですので、大型の動物はおそらくNGとなるでしょう。
賃貸物件を探す時には、まずペットを飼育する予定があることや種類など不動産屋さんに相談してみるとよいでしょう。
こっそり飼っていることで、居住する人達とのトラブルを引き起こすケースもあるので、しっかりと不動産屋さんへ伝えておくことが大切です。
また、物件を探す時に「ペット可物件」で探してみると、安心してペットを飼える環境を見付けることができます。

■ペット可物件
「ペット飼っても良いですよ」と謳っている賃貸マンションや賃貸アパートは、割とペットを好んでいるという人達が多いです。
ただ、こういう文言は「ペットと一緒に住んでいいですよ」ということであり、住んでいるほかの住人が「ペットが好きです」とは限りません。
ペットを飼わない人も、もちろん入居しているのですから配慮が必要となります。
つまり、入居している全ての人が、ペットを好きとは限らないということです。
このペット可マンションやアパートには、建物の外にペット専用の足洗い場を設けていたり、かわいいペットと遊べる共有スペースなどが設けられたものもあります。
また、お部屋には、床や壁に傷がつきにくく、専用トイレのスペースを設けた造りになっています。
このように、ペットに優しい「ペット共生型」物件というのが増えています。

○犬編
一緒に暮らすペットが犬の場合、ほとんどの賃貸物件では、室内で飼育することになります。
室内であっても、犬にとっては半パブリックスペースとなります。
犬にとってもマイペースな生活リズムは必要です。
リビングの一角にサークルや屋根付きのハウス、また睡眠をとる場所など安心できるスペースを確保することが大切です。
つまり、人と同じように、生活をするペースを作ってあげるということです。
ちなみに、犬は人がいる場所を好みます。
ですから、犬専用のスペースを作る時には、人が常にいる場所または近くにスペースを設けてあげましょう。
また、吠え癖をつけないようにしつけることも必要です。
耳も敏感な犬にとって、外からの音は人間が思っている以上にハッキリと聞こえています。
ですから、外の音が聞こえにくい場所壁側に設置することで吠えるきっかけが減っていくとのことです。

賃貸だけどペットを飼育したいと思ったら、一緒に住むペットの習性について理解し、快適に楽しく暮らせる環境を考えてみましょう。
その願いを実現させてくれるのが、賃貸マンションや賃貸アパートのペット可物件なのです。

【関連リンク】

賃貸アパートでもペットが飼育できるペット可物件 ページ上部へ戻る