1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. どんな地図を使って賃貸物件を探すとよいのでしょう
このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな地図を使って賃貸物件を探すとよいのでしょう

みなさんはいつ地図を見ますか。
初めて旅行をするときや登山のときでしょうか。
仕事の内容により利用することもあるでしょう。
自動車なら、地図帳の役割を果たすナビゲーションシステムを利用することがあるでしょう。
これは当たり前のことですが、賃貸物件を探すときはどうでしょうか。
知っている地域のことなら、ある程度頭に浮かんでくるので必要は無いでしょう。
ところが全く知らない地域を探す場合は、地図帳を見たり、知っているひとに地図を描いてもらったりします。
最近なら、パソコンやスマートフォンで検索する方法もあります。そのほうが時間を短縮できますし、分かりやすいですよね。

紙の地図を利用

地図帳を書店で購入したり、すでに手元にある地図帳を持ち出したりしてページを開くことから始まります。
まず、目次から目的の地域が記載されているページを探し、そのページを開きます。
見ただけではすぐに特定できないときは、索引から探すことができます。
索引で地名を探します。地名の右側に数字と英字また数字で記載されています。これを索引符号といいます。
最初の数字はページを表します。次の英字は地図上部に記載されている位置を表しています。
最後の数字は地図左部分に記載されている数字の位置を表しているのです。
この3点が交わる地点が目的の場所になります。

パソコンやスマートフォンを利用

パソコンやスマートフォンを利用するときは、まず、アプリをダウンロードします。
目的地の住所を入力すれば、目的の場所がピンポイントで検索することが可能です。
現在地付近のスポットからも検索できるGPS機能が搭載されているサービスもあります。
地形を3D化して表示もされます。中にはストリートビューがあります。
選択したい地域の画像をクリックするだけで立体的な画像を見ることができます。
さらに、距離計測できるサービスもあります。

賃貸物件の検索

ここではパソコンやスマートフォンを利用した設定でお話を進めます。
賃貸で検索すると、多くの不動産会社が賃貸物件を掲載していることを知ることができます。
最近の不動産会社は自社ごとにホームページを作成しています。

各社のホームページを開くと、希望する賃貸物件の検索方法が目に入ってきます。
賃貸物件の条件を選択し、検索をかけると賃貸物件の家賃や間取りそれに設備などが表示されます。
その賃貸物件の情報と共にアクセスマップなどの表記で地図も掲載されているパターンもあります。
これを利用することによって近くにどんな施設があるのかすぐに確認できるのでとても便利です。
カラー映像であれば公園がどの辺りにあるか確認できるのでとてもわかりやすいです。

確かにパソコンやスマートフォンの方が便利ですが、地図帳の上を指でなぞって旅をするのもよいでしょう。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

どんな地図を使って賃貸物件を探すとよいのでしょう ページ上部へ戻る