部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸物件を借りる時の保証人不要とはどういう事なのか

賃貸物件を借りる時の保証人不要とはどういう事なのか

最近では、賃貸アパートやマンションを契約する際に「連帯保証人不要システム」や「保証会社利用可」といった言葉を目にすることが多くなってきました。
日本で賃貸物件を契約する際には、ほとんどの場合連帯保証人をつけることが求められます。
連帯保証人とは、賃貸物件を契約した本人に何かあった際には、その人に代わってその責任を負うことを約束する人のことです。
例えば、家賃の滞納があった場合には、貸主は連帯保証人に支払いを要求することが出来るのです。
しかしながら最近では、核家族化などさまざまな社会情勢によって、連帯保証人を立てることが難しくなってきています。

連帯保証人不要システムとは
連帯保証人不要システムとはどのようなシステムなのでしょうか。
簡単に説明すると、入居者が所定の保証料を支払うことによって、企業が連帯保証人の役目を担ってくれるというシステムです。
この企業が、保証会社または家賃保証会社と呼ばれるものです。
賃貸物件を契約する際、連帯保証人を依頼する相手のほとんどは親族であり、大家さんや不動産会社からそのように指定している場合もあります。
連帯保証人にも審査があり、一定の支払い能力が求められるため、両親がすでに退職していたり高齢であった場合は連帯保証人になってもらうことが難しくなってきます。
そういったケースでは、この連帯保証人不要システムを利用することによって問題を解決することが出来ます。

連帯保証人不要システムを利用するには
連帯保証人不要システムは、どの物件でも利用できるわけではありません。
連帯保証人を立てられない方は、賃貸物件をお探しの際に不動産会社や仲介業者の担当者に連帯保証人不要システムを利用したいと伝えることで、そのような賃貸物件を紹介してもらえます。
また、保証会社もさまざまありますが、物件によっては保証会社を指定している場合もあります。
支払方法や金額、保証内容も会社によって異なりますので、きちんと内容を確認する必要があります。
もう一つ知っておきたい点は、保証会社を利用するためにも審査があるということです。
審査内容は、安定した収入があるかや過去の滞納歴があるかどうかが主ですが、これも会社によって内容が異なります。

■家賃保証会社の利用が必須の物件
物件の中には、連帯保証人を立てる他にさらに家賃保証会社を利用することが条件になっているものもあります。
リーマンショック以降家賃の未払いが増えたことで、家賃保証会社の利用を義務とする契約が増えてきました。
万が一入居者にも連帯保証人にも支払い能力がなくなってしまった場合の保険というわけです。

【関連リンク】

賃貸物件を借りる時の保証人不要とはどういう事なのか ページ上部へ戻る