部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 東京の賃貸駐車場は地方と大きな開きがある

東京の賃貸駐車場は地方と大きな開きがある

これからの時期、引越しをする人はとても多くなります。
車を持っている人は、家賃と同じくらいに駐車場代がどれくらいかかるのか気になるのではないでしょうか。
住みたい物件に駐車場スペースがないような場合は、別に賃貸駐車場を契約しなくてはいけなくなります。

■地方と東京では駐車場代に大きな差がある
地方に暮らしている人が、東京でお部屋探しをしているときに驚くことがあります。それは駐車場代です。
地方ではお部屋を借りた際に、1台分の駐車スペースが確保できるケースが多いです。
そして、家賃に駐車場代も含まれていることが一般的となっています。
しかし、東京は違います。基本的に、駐車場代が家賃に含まれているケースは少ないです。
しかも、敷地内に駐車スペースが確保できない場合が多く、別で賃貸駐車場の契約をしなければいけなくなります。
その時はできるだけ、お部屋から近い場所の賃貸駐車場を紹介してもらいましょう。
なるべく自分のお部屋から見える場所がいいです。
遠すぎると、天気が良くないときに大変になります。そして何より、大切な車を車上荒らしから守る為に、目の届く場所に置くことをオススメします。
その際に必要な駐車場代は、東京の中でも差はありますが3万円くらいはかかることが多いです。
東京での車を持った生活は、とてもお金がかかるかもしれません。
地方では通勤の際、車を利用することが当たり前となっていますが、東京はそうではありません。
一般的にサラリーマンもOLさんも、電車通勤しています。

■土地があれば賃貸駐車場として有効活用しよう
土地がある人は、駐車場として貸し出してみてはいかがですか。
土地の活用方法はアパートやマンションを建てて、賃貸経営をすることも考えられます。
しかし駐車場経営の方が、賃貸経営に比べると比較的安い資金で始めることが出来ると言われています。
特に青空駐車場の場合は、経営が上手くいかないようなことがあったとしても、リスクは最小限に抑えることができるのではないでしょうか。
ですが、駐車場にするには向いていない土地もあると言われています。
分からないことは専門の方に相談してみるといいでしょう。
住む地域により異なりますが、駐車場が不足している街はたくさんあると言われています。
特に地方の場合、一人一台車を持っているというケースも多くみうけられます。
しかし駐車スペースは限られる為、賃貸駐車場を借りる場合も多くなってきています。
土地をお持ちの方は、駐車場経営を考えてみてはいかがですか。

【関連リンク】

東京の賃貸駐車場は地方と大きな開きがある ページ上部へ戻る