部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. アパートなどの賃貸物件でペットを飼うときの注意点

アパートなどの賃貸物件でペットを飼うときの注意点

一人暮らしを始めて、アパートなどの賃貸物件を借りることになった方もいるでしょう。
一人暮らしですと、寂しいから、という理由でペットを飼い始めるかたも多いのではないでしょうか。
アパートやマンションでペットを飼っていくための、注意点などをまとめてみました。

■飼うときはペット飼育可の物件で
まずなんといっても、ペット飼育可、という条件のある賃貸物件で飼うことが前提になります。
もしかしたら、ペット飼育不可の物件に住んでいても、ペットをこっそり飼っている方もいるかもしれません。

ペットを飼う、ということは、そのペットの種類にもよりますが、臭いや傷などが残ってしまいます。
そのため、ペット飼育可のアパートなどでは、敷金などが積み増しされている場合が多いです。
その積み増しの敷金で、部屋の修繕などを行うことになっています。

ペット飼育不可のアパートなどで飼育してしまうと、退去時のトラブルに繋がってしまいます。
大切なペットと楽しく暮らしていくためにも、ペット飼育可のアパートなどを探すことが必要です。

ペット飼育可だからといって自由にしていいわけでもない
ペット飼育可の物件に住んでいるからといって、なんでも自由にやっていいということではありません。
多少汚してしまったりすることはしょうがないにしても、必要以上の傷などが付かないようにしなければいけません。

また、ペット飼育可だからといって、全ての住人がペットを飼っているとも限りません。
中には、ペットが苦手な人もいるということを理解することが大切です。

そして、ペットのしつけもしっかりしましょう。
ペットだから何をしても許される、ということは決してありません。
しっかりとしつけをすることによって、周りの住人からも安心され、可愛がってもらうことができるようになるといえます。

■トラブルになったときは自分で解決できるように
いくら気を遣ってペットと暮らしていても、ご近所とのトラブルになってしまうこともあります。
そういったときは、自分たちで解決や対策をできるように準備しておかなくてはなりません。

しっかりとしつけがなされているペットですと、まずトラブルになることも少ないでしょう。
また、しっかりとペット飼育可のアパートなどで飼育していれば、ご近所の方も大目に見てくれる可能性もあります。

やはり、決まりの中でしっかりと気を遣えることが大切になります。

飼う人にとっては家族同然のペットです。
マナーやエチケットを守って、毎日を楽しく暮らしていくことが大切です。

【関連リンク】

アパートなどの賃貸物件でペットを飼うときの注意点 ページ上部へ戻る