部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. たくさん種類のある住宅情報誌の何を選ぶのか

たくさん種類のある住宅情報誌の何を選ぶのか

現在は情報化社会といわれ、一歩街に出れば住宅情報誌をあちらこちらで見かけることが多くなりました。
コンビニや書店にも数え切れないほど種類の住宅情報誌がずらりと並んでいます。
たくさん情報があるのはいいのですが、あまりに種類が多いと迷ってしまいます。
住宅や物件についての情報を知りたいとき、住宅情報誌の見方をちょっと知っているだけで結果も大きく違ってきます。

■住宅情報誌の内容とは
物件に関する情報はもちろんですが、特集記事や企画など内容は本当にさまざまなバリエーションに富んでいます。
賃貸と購入、新築と中古それぞれの物件を比較していたり、住宅ローン、税金などの基礎的な知識を紹介していたり住宅にまつわる役立つ情報も多数盛り込まれています。
また、住宅情報誌はほとんどが初歩的な内容となっていますので、はじめての一人暮らしで何も分からないという方でもひととおりの手順を知ることができます。

■住宅情報誌の種類
マンションなどの賃貸物件や分譲住宅物件情報に特化しているもの、また地域に限定した物件情報のものなどがあります。
不動産会社が発行する住宅情報誌は特定の会社の物件情報がまとまって掲載されていますので、もともと気になっている会社があるときは便利です。
会社によりコンセプトにも違いがあって、住宅に関する実際の体験談や疑問点などを紹介しているなど、見てみるとなかなか興味深いものがあります。
他には、リフォームやリノベーション、エコ住宅などの専門誌、不動産会社そのものを紹介する専門誌というものまであります。
また、駅の中や商業施設などで無料の住宅情報誌を置いているところもあります。自分の目的に近い分野の住宅情報誌を選ぶと良いでしょう。

■住宅情報誌の活かし方
住宅情報誌は出版して書店などの店頭に出回るまでの期間があるため、自分にとってリアルタイムではない情報が掲載されているケースもあります。
ですが、物件情報以外にも住宅について知識が少ないと思ったときには、書店に行けばすぐ手にすることができるメリットがあります。
住宅情報誌の見方には、これが正解というものはないのです。
自分の目についたものから手にとってみて気軽に眺めてみることから始めてみるのもよいでしょう。
普段見ているファッション雑誌と同じ様な感覚で、住宅情報誌を1冊購入しても損はないと思います。

世の中には住宅にまつわる情報が星の数ほど存在しています。
その中から自分にとってベストなものを見つけるということは大変なことです。
良い物件を探したいとあまり力を入れずとも、まず情報をたくさん見てみようというスタンスで取りかかってみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】

たくさん種類のある住宅情報誌の何を選ぶのか ページ上部へ戻る