部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 高校生の一人暮らしで気をつけなければならないこと

高校生の一人暮らしで気をつけなければならないこと

初めて一人暮らしを始める人の多くは、大学生や社会人かと思います。
しかしながら、人によっては高校生でも一人暮らしをせざるを得ない状況になってしまう場合があります。
誰でもはじめは不安で一杯の一人暮らしですので、高校生では本人も両親をはじめとする家族の心配もより一層のものだと思います。
高校性が一人暮らしをする上で気をつけなければならない事は何でしょうか。

■高校生の一人暮らしは学生会館で解消
まず一番初めに検討してほしいのは、高校生でも入居できる学生会館や学生寮です。
物件によって異なりますが、一般的な賃貸アパートマンションと違い、独自のルールが定められている場合があります。
例えば、親元を離れて一人暮らしする学生を守るために、入居者を女子学生限定にしていたり門限を定めていたりします。
その他、物件によっては館長や寮母さんが常駐しており、学生生活をサポートしてくれますので、高校生にとっても心強く家族も安心できるのではないでしょうか。
不審者や押し売り訪問販売から学生を守ってくれますし、体調不良時などにも病院を紹介してくれたり付き添ってくれたりとお世話をしてもらえますので、なんとも心強いです。
中には、食堂が設置されていて、管理栄養士さんが食事面から健康を気遣ってくれるようなところもあります。
毎日の食事の心配が要らないということは、勉強や部活動など学生の本分に集中できるので、その点でも大変助かります。
セキュリティ設備を強化している物件もありますので、確認してみてください。
特に高校生では、防犯面を心配する方も多いと思います。
防犯カメラオートロックはもちろんのこと、防犯ガラスやディンプルキーを採用していたり警備会社と連携して防犯対策を行っていたりもします。
また、学生会館や学生寮には学生しか入居することが出来ませんので、その点でも安心感があります。

■高校生の一人暮らしの心構え
一人暮らしを始めると、家族と一緒に暮らしていたときと違い、束縛されることもなく何でも自分で決められる自由がうれしくもあり寂しくも感じます。
いくら自由といっても、一人暮らしでは自分の面倒は自分自身で見なければならないのです。
規則正しい生活をせずにいると、学生生活にも影響が出ますし、体調を崩すことにもなりかねません。
高校生で一人暮らしをすることは様々な苦労もあると思いますが、見方を変えれば自分自身を成長させるチャンスです。
掃除や洗濯といった自分の身のまわりの家事、体調管理の仕方、お金の管理の仕方、それからご近所さんへの接し方など様々なこと学ぶことが出来るのです。
また、自分以上に家族が心配しているということを忘れないでください。
ホームシックになってしまったり、何か困ったことがあったりしたら、初めは些細なことであっても家族や周りの人に相談しましょう。
高校生に限らず、自分ひとりでは解決できない問題というのもありますから、一人で抱え込んで無理をしてはいけません。

【関連リンク】

高校生の一人暮らしで気をつけなければならないこと ページ上部へ戻る