部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 要望に合うバリアフリー対応マンションを探す

要望に合うバリアフリー対応マンションを探す

日本は少子高齢化が進んでおり、年々高齢者の人口が増えている状況です。
街づくりでも、新しく建設する施設には積極的にバリアフリーが導入されています。
元々ある市役所なども、バリアフリーに対応させる工事が進んでいます。
バリアフリーが取り入れられる事により、住みやすい街づくりができてきています。

バリアフリー住宅
バリアフリーとは、生活する中で障害になる段差等を取り除いた状態をいいます。
小さい子供やおじいちゃんなど異なる世代が一緒に暮らす家庭も多いです。
その為、自宅をバリアフリー対応にリフォームする人も増えてきています。しかし、費用と時間がかかるのも事実です。
住居は、生活の基本となる場所です。さらに、高齢者は自宅で過ごす時間が長くなりやすいです。
バリアフリーの環境を整えてあげることで快適に暮らしやすくなります。
近年はバリアフリーを考えたマンションも多くなっています。リフォームより手軽なのでニーズも高くなっています。

バリアフリーの工夫例
全体的に段差を少なくする事でつまづいたり、転倒したりすることを防ぎます。扉は開け閉めしやすい引き戸を利用します。
マンションの共用部分だと、エレベーターに十分なスペースが必要です。玄関はスロープがついているかなどを確認しておくといいです。
○トイレ
座ったり、立ったりしやすいように手すりをつけます。
トイレは冬や夜は冷えやすいので、トイレ用の暖房器具があります。
中には人を感知して、自動で電源の入り切りができる物もあります。例えば夜に起きてトイレに行った時に自動で暖かくできるということです。
また、寝室の近くにトイレがある事は高齢者にとっては嬉しい事です。
○浴室
浴槽は、またいで入りすい高さにします。
床は濡れても滑りにくい様に加工にします。寒さを感じにくくするために浴室暖房がついているといいです。
浴室内用の電話を取り付けると緊急事態が起こった場合に、キッチンなどと連絡を取ることができます。
○廊下
車椅子で移動ができる広さを設け、手すりをつけます。
ぶつかっても傷がつきにくいような強度のある壁にします。
○階段
手すりをつけて、上り下りのしやすい緩やかな階段にします。

バリアフリーのマンションを探す
マンションによって、バリアフリーの徹底度は違います。
また、高齢者や、障害がある人、更には小さい子供など対象によって、バリアフリーで重視する点は変わってきます。
自分の要望を、不動産屋さんに細かく伝えるようにして部屋探しをします。
希望の物件が見つかったら、見学に行き実際に使い勝手の良さを確認しましょう。
設備の整ったマンションに住むことで、家庭内事故や怪我を防ぐことに役立ちます。

【関連リンク】

要望に合うバリアフリー対応マンションを探す ページ上部へ戻る