部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らしをする時に必要な引っ越し費用と費用を抑えるポイント

一人暮らしをする時に必要な引っ越し費用と費用を抑えるポイント

引っ越しをするにあたって気になるところといえば引っ越し費用についてです。
一人での生活は、思っている以上に予算がかかります。
引っ越しをする際にかかる費用について考えてみましょう。

一人暮らしに必要な引っ越し費用
引っ越しをするときにかかる代表的な費用は以下の通りです。
【部屋を契約する費用】
部屋を借りる時は、一般的に家賃の6ヶ月分程度必要だといわれています。
内訳として、「敷金2か月分」「礼金2ヶ月分」「仲介手数料1か月分」「家賃前払い分」です。
【引っ越しに必要な費用】
家具や家電を新居に移動する際に必要な費用です。
引っ越し業者に依頼する人が多く、一人暮らしの近県への引っ越しで大体3万円から5万円程度かかります。
【生活する為に必要なものを購入する費用】
家具や家電、ファブリック類を購入する費用です。
個人差はありますが、1から買い揃える場合大体15万円から20万円程度必要です。
総合して最低でも50万円程度、一般的には70万円程度用意しておくと安心だといわれています。

【引っ越し費用を抑える方法】
実際引っ越しが決まって見積もりを出してみると、一人暮らしとはいえ意外と引っ越し費用がかかることに驚く人も多いのではないでしょうか。
引っ越し費用は抑えることが出来る部分もたくさんあります。
具体的に、どの部分に注意すれば予算を抑えることが出来るのでしょうか。
まず、引っ越しの際に一番に必要となる予算は部屋を契約する時です。
部屋を借りるときは一般的には50万円から70万円程度かかるといわれていますが、営業マンや大家さんに交渉して費用を下げてもらうことも可能です。
物件のエリアの家賃相場よりも高い場合は、家賃の値下げ交渉をすると値下げに応じてくれる可能性があります。
その他に、礼金は交渉しやすい項目のひとつです。
礼金が高く設定されている場合は、交渉してみましょう。
提示された見積もりをそのまま鵜呑みにするのではなく、削ることが出来る点があればどんどん交渉していくと予算を抑えることにつながります。
また、不動産業界にとって会社の異動や卒業が多くなる12月から3月は繁忙期、4月から8月は閑散期となります。
繁忙期に比べて閑散期は値下げの交渉にも応じやすくなる為、引っ越しの時期も重要になります。
引っ越しの時期を自分で選べる場合は、閑散期に引っ越すと予算を抑えられるでしょう。

次は、引っ越しをするときの費用を抑えるポイントです。
一番は引っ越し業者を使わず知人に手伝ってもらって家具や家電を搬入することですが、部屋や家具を傷つけてしまう恐れが大きいので業者を使って引っ越しを行った方が懸命といえます。
引っ越し業者を利用する際は、数社から見積もりを取り比較をした方が良いでしょう。
複数の業者の見積もりを比較して、一番条件にあった業者を選ぶと良いでしょう。
最後に、生活に必要なものを購入する費用を抑えるにはどうすればよいでしょうか。
家具や家電については、買ってみたが実際は必要がなかったり、サイズが合わなかったりすることが意外とあります。
まずは必要最低限のものをそろえて、生活をしながら徐々に増やしていくと、そのような問題はおきにくくなります。
冷蔵庫や洗濯機、寝具、照明器具、カーテンなど、必要最低限のものを購入したら一度生活をしてみて、必要だと感じたものを少しずつ揃えていきましょう。

一人暮らしの引っ越し費用は、意外と予算がかかるものです。
必要な部分にはしっかりと予算をかけて、省くことが出来る部分は予算を削るようにしましょう。

【関連リンク】

一人暮らしをする時に必要な引っ越し費用と費用を抑えるポイント ページ上部へ戻る