部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. マンションの間取り図にあるバルコニーとは

マンションの間取り図にあるバルコニーとは

最近のマンションは、建物の形が多様化していて本当に魅力的な空間づくりがされています。
マンション生活なら広いバルコニーやベランダが欲しいと思う方も多いでしょう。
しかし、ふだん特に意識せずにバルコニーやベランダという言葉を使っていますが、この2つには違いがあるのでしょうか。

バルコニーとは
建物の2階以上にあり、外に張り出していて屋根や庇のないスペースのことを指します。
一般的にべランダよりバルコニーの方がスペースが広くなっていますので、マンションでも戸建てのような開放感を味わうことができます。
また、マンションの1階には地面より少し高くして専用の庭付きとしたバルコニーを採用しているところもあり、これはテラスとも呼ばれます。

■ベランダとは
建物の外に張り出している点はバルコニーと同じですが、作業ができるように屋根や庇がついていることが大きな違いです。
どちらかというとバルコニーが装飾目的で、ベランダは機能目的で造られている傾向があります。
マンションの場合は、ベランダが隣室のものとつながっていて薄い間仕切りで仕切られているだけのものが多いです。
これは、災害時などの緊急事態にベランダから避難できるように壊しやすい薄い間仕切りが使われているのです。

■バルコニーの専用使用権とは
マンションの各住戸に設置しているバルコニーは専有部分ではなく共用部分です。
通常それぞれの住戸についているバルコニーを使用するのはその部屋の住人だけです。
そのため、他の共用部分と区別して、バルコニーを使用する権利を専用使用権と言っているのです。 
ややこしい話になってしまいますが、専用使用権が認められているバルコニーでも実際の使い方には制限があると認識しなければなりません。
ベランダと同様、バルコニーも非常時の避難経路の役割を持ちます。
ガーデニングが好きで普段からプランターなどを置いている方は、すぐに動かせるようにしておくか、最小限にものにしておくかなどの配慮が必要となります。
もちろん、花壇を作ったり温室を設けたりすることなども認められません。
装飾タイルの使用や人口芝など避難の妨げとはならないものであれば取り付けを可能としている場合もあります。
マンションでは、管理規約や使用細則などに詳しい内容が定められているので確認してみると良いでしょう。

マンションのバルコニーは使い方の制限があるとはいえ、基本的には自由にできるスペースです。
天気の良い休日には、リビングとつなげた空間にして日光浴を楽しんだり、カフェのようにくつろいだりするのも良いでしょう。
工夫しながらバルコニーの空間を存分に楽しんでみてください。

【関連リンク】

マンションの間取り図にあるバルコニーとは ページ上部へ戻る