1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 学生の一人暮らし費用とお部屋探しのポイント
このエントリーをはてなブックマークに追加

学生の一人暮らし費用とお部屋探しのポイント

一人暮らしをしている学生で、生活費用で苦労しているなんてことは少なくないでしょう。
学生のほとんどは親御さんの仕送りや、アルバイトなどで生活費用をまかなっているという人が多いといえます。
一人暮らしをするにあたって、学費もかかる上、生活を維持していかなければならない事も考えると、なるべく家賃や生活費用を抑えたいと考えるでしょう。
お部屋探しをする時、どんなことを重視したらよいでしょうか。

学生の一人暮らしにかかる生活費用

学生が一人暮らしをする上で、月にかかる生活費用はだいたい、11万円から13万円程度かかると言われています。
生活費用の内訳としては、お部屋の家賃、光熱費、食費、携帯料金、交通費、教材費などがあげられます。
また、化粧品や洋服代など女性だからこそかかる費用も色々あります。
アルバイトや親御さんからの仕送りなど収入に限りがあるので、生活していてやりくりに苦労してしまうということも少なくありません。
学生でもかかる費用はさまざまですが、一人で生活していく中で生活費を節約していくことも大切といえます。

一人暮らしを始める時のポイント

一人暮らしを始めたいと考えている学生はどのようなことに重視してお部屋探しをするでしょうか。
費用を抑えたいと考える人はほとんどで、入居時にかかるお金や、家具、家電などを揃えるだけでも、かなりの費用が必要となってきます。
親御さんから見ても、子どもを初めて一人暮らしをさせるには不安に感じることもあると思います。
お安くお部屋を借りられることも大切ですが、子どもが安心して住める物件探しも必要といえます。
入学シーズンになると、学生向け賃貸マンション、アパートなどの物件が豊富に紹介されています。
また、学生向けとしてさまざまなタイプのお部屋があります。

学生向け賃貸

【学生マンション、アパート】
学生を限定としたマンションやアパートなどの賃貸物件があります。
学生マンション、アパートは一般賃貸住宅と入居条件は変わりません。学生限定のためセキュリティがしっかりされており、24時間緊急対応してくれるサービスが備わっている物件もあります。
また、学生マンションの他にも女性専用マンションという物件もあります。学生の女性を限定とした専用マンションで、女の子の一人暮らしをサポートしてくれ安心して生活することができます。

【シェアハウス】
今話題のシェアハウスも学生向け物件として紹介されています。さまざまな人たちとの出会いもあり、また共有することでお安くお部屋を借りられるので学生に人気が出ています。
また、女性専用シェアハウスもあり、敷金礼金0円などお財布に優しい物件も多数あります。
学業に専念する為にも費用面などの心配が無いように計画する事が大切です。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

学生の一人暮らし費用とお部屋探しのポイント ページ上部へ戻る