部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 2LDKは一人暮らしよりも家族暮らしが向いている間取り

2LDKは一人暮らしよりも家族暮らしが向いている間取り

春は新しい環境で生活する人が多い季節です。
それは大学に進学するひとや仕事に就職するひと、転勤するひとが重なっているためです。
進学先や就職先が転勤先が決まりだすのは1月から3月が多いです。そのためこの季節の不動産会社は混んでいます。
この季節は、特に一人暮らし用の間取りである1R(ワンルーム)や1K(ワンケー)でお部屋を探す人が多いです。
入居する人も多いですが、大学生は卒業の時期でもあるので賃貸を退去する人も少なくないようです。
契約すると住み始めていないのに家賃が発生してしまうので、あまりにも前に契約してしまうことはよくありません。
なので大学や仕事が始まる1ヶ月前くらいに部屋を探しはじめるの丁度良いとされています。

一人暮らし向け物件
一人暮らし向けの間取りである1Rと1Kである部屋は、20平米ほどの広さが一般的にに多いようです。
このスペースでは生活で必要家具が充分におけるほどの広さとなっています。シングルの布団とテーブル、テレビ台などは充分置くことができます。
そして家具をうまく選べるひとであれば、ベッドやテーブル、テレビ台にソファそれから収納家具の全てを置くこともできます。
しかしベッドなどのような場所をとる家具は、自分の部屋の広さを把握してから買わなければなりません。
メジャーで部屋の幅や窓の幅などを図って、家具探しをすればきっと家具を部屋に置いたときに思っていたより大きかったなどという失敗もなくなるでしょう。

二人暮らし向け物件
カップルや同棲向けの間取りである1LDKと2DKでは40平米ほどの広さが一般的に多いようです。
常に一緒に居たい人は居間の共用スペースの他に、ひとつの部屋が設けられている1LDKの間取りを選ぶと良いかもしれません。
このひとつの部屋を寝室にする人たちがほとんどです。
反対に自分たちの時間が欲しい人は2DKの間取りを選ぶといいかもしれません。
2DKでは1LDKと違い共用スペースのLDKからLが外れてDKになるので共用スペースである居間は少し狭くなります。
しかし他に設けられている部屋は二つあるので、この部屋を各自自分の部屋にすることが可能です。
自分の部屋が要らないという二人であれば、ひとつを寝室、もうひとつを二人の共用スペースにすることもできます。

ファミリー向け物件
家族で暮らすひとたちに向いている間取りは2LDK以上の間取りとされています。
新婚は2LDKを選ぶひとが多いようです。今は子供がいないけれど将来子供が欲しいというひと達には良い間取りのようです。
なぜなら広いLDKの共用スペース以外に部屋が二つあるので、将来子供が大きくなった際にひとつの部屋を子供の部屋として使うことができます。
4人以上の家族になると3DK以上の間取りのほうが向いているでしょう。
自分たちの暮らしに合った間取りを選ぶことで、きっと良い生活環境が作りやすくなるはずです。

【関連リンク】

2LDKは一人暮らしよりも家族暮らしが向いている間取り ページ上部へ戻る