部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 時間をかけないで理想のお家探しをする方法

時間をかけないで理想のお家探しをする方法

お部屋探しとよく耳にしますが、賃貸であれば仕事が終わった後などにそこに帰宅するという意味ではそこが自分の家にもなります。
そのため賃貸に住んでいるひとでも、部屋に帰るではなくお家に帰ると使う人が多いです。
住む前には必ず賃貸物件を探さなければなりません。何回もお家探しをしたことがあるという人もいれば、初めてという人もいます。
お家探しをするうえで、良い賃貸を見つけるには何に気をつければいいのでしょうか?

■不動産屋に行く前に
お家探しをする際にいきなり不動産会社に行ってしまうと、営業をされにいっているようなものです。
さまざまな賃貸情報を出してくれてその中からひとつを見つけるのはとても時間がかかります。
またその紹介された賃貸の中には自分が要らない設備が付いてるものや、理由があって賃貸の住む人が見つからないような流通物件もあるかもしれません。
そのひとつひとつの賃貸に目を通していれば一日があっという間に過ぎて、お家探しに疲れてどうでもよくなってしまう可能性もないとは言えません。
そうならないためにまずは、ネットを利用して賃貸物件を検索してみましょう。

■インターネットで賃貸検索
ネットで検索する際に自分の必須条件の設備などはもちろん、それ以外に気になっている条件のものもチェックして検索してみましょう。
多くの人がチェックする条件だけでは沢山の賃貸が出てきてしまいひとつひとつに目を通していけば時間もかかります。
条件を多くつけて検索すれば件数も減り自分の理想の賃貸に出会いやすくなるはずです。
検索していて気なる賃貸が見つかったら、不動産会社に電話をして内見予約をしましょう。
こうして不動産会社に予約をしておけば、それに近い条件の賃貸も探して準備していてくれることもあります。

■見学の時に気をつけること
実際に部屋をみたら気に入らなかったということもよくあります。
賃貸を気に入ったとしてもすぐに契約はせずにもっと細かくチェックをしましょう。
よくある話ですがビー玉を床に置いて物件が傾いていないかチェックするということもひとつの手です。
まずは以前住んでいた人が退去してから掃除が住んでいるのかを聞きましょう。
もし掃除済みでも部屋のニオイがきになったり、壁が汚かったりしたら物件を管理している人がどういう人なのかが分かります。
そして部屋の中だけでなく、賃貸の住人の共用スペースも見てみましょう。
郵便受けなどのポストや敷地内ゴミ捨て場を見ることで住人のマナー、そして管理人がどういう人なのかが分かります。

賃貸を気に入ったのなら、以前住んでいた人が何故退去したのかも聞いてみましょう。
自分の理想の条件が8割あれば良いとされています。しっかりと目で細かいところも見て気に入ったのならお家探しは成功といえるでしょう。

【関連リンク】

時間をかけないで理想のお家探しをする方法 ページ上部へ戻る