部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らしに最適なベッドのサイズとその種類

一人暮らしに最適なベッドのサイズとその種類

一人暮らしの寝具は、布団派やベッド派に別れるのではないでしょうか。
布団は起きたときは畳んで収納することができるので、狭いお部屋でもスペースを有効的に使うことができます。
しかし、ベットは布団のように畳むことができません。
一人暮らしの部屋に大きなサイズのベッドを置くとお部屋のスペースが大幅にとられてしまう可能性があります。
一人暮らしに丁度いいベットはどういったものがあるでしょうか。

■ベッドのサイズ
ベッドのサイズはシングルやセミダブル、一人暮らしではまずほとんどみないキングサイズといった、幅の広いものがあります。
縦の長さはシングルでもキングでもほとんど変わる事がなく、大体180から200センチの間になっています。
ですからベッドのサイズを決めるときは長さより幅が重用になってくるのです。

【シングルとセミダブル】
一人用ならシングル、一人でもゆったり寝たい場合はセミダブルサイズを選ぶのが一般的です。
もしシングルとセミダブルで迷うなら、自分のライフスタイルに合わせてみてはいかがでしょうか。
シングルサイズはコンパクトで場所もとりません、できるだけコンパクトにしたいならシングルサイズがいいでしょう。
シーツやカバーもシングルサイズのようが安く揃えることができますし、洗濯も比較的楽にすることができます。
セミダブルなら、ゆとりがあるので寝相が悪くてもベットから落ちることがありません。
部屋の対部分をベッドが占めるので、ベッドに腰掛けながらTVを見ることもしやすくなります。ベット上で過ごすことが多い人には丁度いいかもしれません。
友達や恋人、家族などが泊まりに来たとき、セミダブルサイズなら二人で寝ることも可能です。

■ベッドの種類
比較的安価で購入できるマットレスや、モダンな部屋に向いているパイプベッド、重量感のある木製ベッドなどベットの種類はさまざまです。
もし一人暮らしでベッドを購入するなら、空間を活用できるベッドを選んではいかがでしょうか。

【ソファーベッド】
ソファーベットは文字通り、ソファーとしてもベッドとしても利用することができる家具です。
一つで二つの役割を果たしてくれるので空間を有効活用できます。
ベッドもソファーも欲しいけれど、空間的に二つ置くのは難しいなんて人にはぴったりではないでしょうか。
来客用のベッドとしても活用できるソファーベッドですが、日常的に寝具として長く利用すると痛みやすいという特徴もあります。

【ロフトベッド】
ロフトベッドは寝るスペースを上にとることで、下の空間を広く活用することができるデザインのベッドです。
木製やパイプ製のものが多く、梯子がついており、梯子を上って高い位置にある就寝スペースに寝ることができます。
日本の狭い住宅地では、子供部屋などにもロフトベットは取り入れられています。
下に開いた空間は、勉強スペースや衣類の収納、ソファーを置いて日常的に過ごせる空間にすることもでき、使い方は人によって千差万別です。

【収納ベッド】
収納ベッドの特徴は、どうしても空いてしまうベッドの下の空間を利用して収納スペースにしているところです。
収納できる空間がでたことにより、衣類などの収納が可能となっています。
引き出し式の収納や、ベッド下の全てのスペースを利用できるガス圧式タイプのものがあります。

いかかでしょうか、ベッドといってもサイズから種類までさまざまなものが存在していることがわかります。
ベッドを選ぶときの、参考にしてみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】

一人暮らしに最適なベッドのサイズとその種類 ページ上部へ戻る