部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 住む家を借りるときは地域と物件を決めてから不動産へ行こう

住む家を借りるときは地域と物件を決めてから不動産へ行こう

住む家を借りる為には、さまざまな下調べや情報収集に加え、家賃や引越し代の用意などお金もたくさんかかります。
家を借りたことがない人は何から手をつけたらいいのかわからなくなってしまう人も多いのではないでしょうか。
今回はそんな人の為に、住む家を探して借りるまでの流れを紹介していきます。

■住みたい家を探そう
最近はネットで簡単に賃貸物件を検索することができるので昔に比べてはるかに物件探しが楽になりました。
周辺環境などもネットで調べることができるので便利です。

【住む地域を決める】
まず住みたい家を探すときは、住みたい地域を絞りましょう。これが一番重要です。
一人暮らしなら通勤通学に便利な場所がいいですし、家族連れなら子供が通う学校への距離なども考慮しなければなりません。
繁華街は利便性が高く買い物に便利ですが、治安が悪かったり騒がしかったりします。
閑静な住宅街なら静かに暮らすことができますが、近くにスーパーやコンビニが少ないかもしれません。
自分のライフスタイルや払える家賃に合わせて、住みたい地域を絞りましょう。

【借りる賃貸物件を決める】
住みたい地域が決まったら、借りる物件を選びましょう。
一般的に収入の3分の1程度の家賃が生活しやすいと言われています。
初期費用を抑えたいなら、敷金礼金があまりかからない賃貸物件を選ぶのもいいかもしれません。しかし敷金礼金がゼロでも保証金が高くつく物件があるので注意が必要です。
敷金はかかったとしても保証金のようなものなので部屋に傷をつけたりしなければ退去時に戻ってきます。戻ってくることがない礼金がかからない物件を選ぶのもいいでしょう。
よさそうな物件があれば2〜3件は選んでおきましょう。
2〜3件程度なら不動産へいったときに物件を見て回ることができます。

【不動産】
借りる賃貸物件が決まったら、その物件を取り扱っている不動産会社へいきましょう。
間取りや内装を現地で実際に見ることができますし、かかる費用の詳細なども教えてくれます。
また、自分で選んだ物件を実際に見てみると、予想と違っていたり、周辺環境があまりよくなかったりもします。
物件を見るときは、周辺環境や内装をきちんと確認しておくころが大事です。
特に、昼間の様子と夜の様子がガラッと変わる場所もあるので、女性は注意しましょう。
夜道が暗いと心細ですし、人通りが少ない場所は防犯しにくい場合があります。部屋の間取りもコンセントの数や、傷やカビが生えていないかなど見ておくといいでしょう。

【関連リンク】

住む家を借りるときは地域と物件を決めてから不動産へ行こう ページ上部へ戻る