部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 博多に出張する際にはマンスリー物件を探そう

博多に出張する際にはマンスリー物件を探そう

お仕事などで、短期間だけ博多に行く場合、マンスリーやウィークリーの物件を探すことになると思います。
マンスリーやウィークリーのマンションとはどういったものなのか、どういうメリットがあるのかなど、知らないこともたくさんあるのではないでしょうか。
マンスリーなどの物件の情報をまとめてみました。

■マンスリーやウィークリーの特徴
まずなんといっても、契約期間が短い、ということが大きな特徴になるでしょう。
通常の賃貸物件の場合、契約期間は年単位、特に二年契約であることが非常に多いです。
その場合、例えば博多に二ヶ月だけ出張、といったときには違約金の支払いなどが発生することがあります。

マンスリーやウィークリーだと月単位、週単位での契約が可能です。
そのため、いつまでいるか明確に分かっている場合には、こういったマンスリーやウィークリーなどの物件が合っているといえます。

■マンスリーやウィークリーのメリットやデメリット
まず大きなメリットとして、短い期間でも借りることができる、ということがあげられるでしょう。
出張などはもちろん、親や親戚などが入院して看病をする、となった場合でもマンスリーやウィークリーの物件は便利でしょう。
これから自分の家を建てる、となったときにも、マンスリーなどの物件に済み、家の完成を待つということも可能です。
他にも、大学受験などで遠くの大学を受ける場合など、大学の近くに住み込んで勉強することもできます。

短期で住む人が多いため、一般的な賃貸よりも手軽に借りることが出来るようです。
そういった場合、すぐ住むこともできますが、隣人があまりマナーを気にしない人ということも考えられます。
入居審査に関しては、メリットともいえますが、デメリットと捉える方も多いでしょう。

そして、家具や家電がそろっている物件も多いです。
出張や短期間での暮らしの場合、いちいち家具や家電を揃えていては費用がかさんでしまいます。
家具や家電がそろっている部屋ですと、着替えさえ持っていけば、その日から普通の生活を営むことも可能です。
もちろん、中には家具や家電がない物件もあるかもしれませんので、そういった場合には注意が必要です。

長く住むわけではないので、敷金や礼金が不要な場合もあります。
そうなると、初期費用をぐっと抑えることができるので、突然の出張の場合には嬉しいことかもしれません。
ですが、マンスリーやウィークリーの場合、家賃を入居前に一括で納める場合もあるので注意しましょう。

ほかにも、マンスリーやウィークリーの場合、光熱費などが家賃に含まれている場合もあります。
そういった場合、割安な感じもするのではないでしょうか。

他にも、社会人の方がよく利用するため、駅前などの非常に便利な場所に建っていることが多いです。
出勤などにも、非常に便利であるといえるのではないでしょうか。

博多には、たくさんの企業が集まっているため、マンスリーやウィークリーの物件を探している方も多いのではないでしょうか。
メリットやデメリットなどを良く知って、活用していくといいでしょう。

【関連リンク】

博多に出張する際にはマンスリー物件を探そう ページ上部へ戻る