部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 博多駅前のマンションで暮らす(収納とインテリア編)

博多駅前のマンションで暮らす(収納とインテリア編)

博多駅前でマンションを借りる場合、一人暮らしの方が多いかもしれません。
一人暮らしの部屋ということで、必要最低限のものしかなかったり、逆に物であふれかえっているということもあるかもしれません。
せっかくのマンションを、きれいに使っていきたくはありませんか。

■収納は分別
部屋の中が物であふれかえっている人のなかに、収納スペースの中もごちゃごちゃしている人も多いのではないでしょうか。
まず、そういった場合には収納を細かく分けましょう。
服をしまうときにも、春物のアウターやインナー、夏物のアウターやインナーなど、なるべく細かくわけましょう。
そうすることで、本当に必要なものがわかってきて、自然と不要なものが少なくなってきます。
そして、細かく分けた上で、使ったものはその場所に返すことを徹底しましょう。
それを続けていくことによって返すことが当たり前になり、自然に部屋の中が整頓されていくといえます。

■いらないものは積極的に処分
まず部屋を片付けられない人の特徴として、物が多いということがあげられます。
物が多い状況を解決するためには、物を減らすということが一番良い方法なのではないでしょうか。
そのためにも、一年間使わなかったものは処分していくといいでしょう。

服なども、流行り物は来年着ない可能性もあります。
また、買った年にもあまり着なかった、ということもあるでしょう。
博多駅前には、おしゃれな店がたくさんあり、ほしいものも多くなると思います。
すぐ買うのではなく、一旦本当に自分に必要なものか、今必要かを考えてみましょう。
そうするだけでも、不必要なものを買う回数が少なくなるかもしれません。

■いつでも人が呼べる部屋にする
人の目を意識することによって、部屋を散らかしてはいけないという思いに繋がります。
マンションなどに友人や親など、頻繁に呼んでみてもいいかもしれません。
そうするだけで、頻繁に掃除をする機会も増えますし、掃除をしたくないからこそ、普段から部屋をきれいに使うことができるようになります。
見られている、という意識を持つだけでも大きく変わってくるのではないでしょうか。

■飾りつけをする感覚で
先ほどの、人に見られるということとも少し重なってきますが、人に見られたいと思う部屋をつくりましょう。
マンションですので、あまり壁などに穴も開けられませんが、おしゃれな雑貨を少し並べるだけでも変わるのではないでしょうか。
食器なども、あえて見せるように収納することで、可愛い雑貨屋さんのような雰囲気を出せます。
博多駅前、駅周辺には、雑貨屋さんなどもあるため、そういった店からアイデアをもらってもいいでしょう。
おしゃれなマンションの一室を目指すことで、きれいな部屋を保てるようになるはずです。

せっかくきれいな状態で入居したマンションですから、きれいに使い続けたいと思うものです。
少しのアイデアできれいに保つことができるので、実践してみてもいいかもしれません。

【関連リンク】

博多駅前のマンションで暮らす(収納とインテリア編) ページ上部へ戻る