部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 価格が魅力な中古の家を買うメリットや注意点

価格が魅力な中古の家を買うメリットや注意点

そろそろマイホームをと考えたとき、いろいろな選択肢がでてきます。
マンションにしようか一戸建てにしようかの選択もありますし、新築にしようかそれとも中古にしようかという選択もあります。
その中でも中古の家を購入するメリットや注意点を調べていきましょう。

■中古の家を買うメリット
中古の物件を買う魅力とは、やはり価格ではないでしょうか。
中古の物件は新築物件に比べると安価であります。新築の半分の金額で買えるケースもあります。
新築では手が出なかった物件も、中古であれば探すことができるかもしれません。
マイホームの購入を考えた場合、立地を重要視するでしょう。
通勤距離や周りの施設、生活の利便性を考えるでしょう。お子さんがいる家庭ではどこの学区になるのかも重要です。
周りに公園があるほうが良いでしょうし、毎日の買い物にも便利な場所をと望むでしょう。
立地の良い場所に新築住宅を購入する場合は、やはり土地の価格も高くなります。
立地を重要視した場合には新築に限定せず、中古の家も含めて探したほうが自分の求めている環境の物件を探しだせる可能性が大きくなります。
新築よりも割安な中古の家を購入して、その分自分たちの生活スタイルに合うようにリフォームするというのも可能です。
中古の家を選ぶメリットは、実際に建っている物件を確認できるという点にもあります。
新築ではわからない採光や風の通りは中古物件を購入するメリットになります。
建物の経年変化を確認したうえで購入を決めることができるのも利点になります。

■中古の家を買う注意点
中古の家のデメリットは中古だということです。
築年数も経過しているのが中古住宅ですから、新築に比べれば劣化しています。工法や設備はやはり古いでしょう。
購入金額は割安感がありますが、修繕費用に出費がかさんでしまい新築住宅を購入するのと変わらない金額になってしまったというのも考えられます。
築年数が経過している物件では、しっかりメンテナンスしてあるか確認することが重要です。
またなぜその物件が売りに出ているのかも確認したほうが良いでしょう。
物件の売主が不動産会社か個人であるか確認してみましょう。
売買の仲介業者である不動産会社のことも調べてみましょう。

中古の家を購入する場合は、建物の耐震性や劣化状況を専門家に確認してもらうのも良いでしょう。
マイホームを購入するのは人生に一度の大きな買い物です。
後悔することのないように自分に合った物件を探しましょう。

【関連リンク】

価格が魅力な中古の家を買うメリットや注意点 ページ上部へ戻る