部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 効率のよい一人暮らしのアパートマンション探し

効率のよい一人暮らしのアパートマンション探し

1月から3月は、これから一人暮らしを始める人たちが賃貸アパートマンションを探し始める季節です。
新生活の準備をしている人だけでなく、不動産会社や仲介業者、引越し業者も忙しくなります。
じっくりアパートやマンションを探したいところなのですが、この時期はどんどんお部屋の契約が決まっていく傾向にあるため、いかに効率よく希望の物件に出会えるかが鍵となってきます。

■賃貸アパートマンションの一人暮らし向けの間取り
一人暮らしの人に人気のある間取りといえば、1Rや1K、もしくは1DKですが、具体的にどういった間取りなのか説明していきます。
まず、1Rとは、お部屋の中にキッチンもあるタイプの間取りです。
次に、1Kとは、居室一部屋の他に扉で仕切られたキッチンとしての空間が設けられている間取りです。
1DKとは、1Kのキッチン部分が広くつくられており、ダイニングスペースとしても利用できる空間になっています。
はじめはこういった間取りを狭いと感じる人もいるかも知れませんが、小さな間取りは一人暮らしに向いているといえます。
一人暮らしでは、家族と暮らしていたときとは違い、お金の管理や家事も一人でこなさなければなりません。
小さな間取りのメリットは、整理整頓や掃除がすぐ終わるという点です。
一人暮らしを始めたばかりの時はなかなか上手くいかないかも知れませんが、慣れてしまえば小さな間取りの掃除は短時間で済ませることができます。

■効率よく賃貸アパートマンションを探すには
最近では、不動産会社や仲介業者を訪れる前に、インターネットの賃貸物件検索サイトを利用して事前に調べる人も多いと思います。
インターネットが使える環境が整っているのであれば、これは大変いい方法です。
前もってその地域の家賃相場を知ることができたり、自分の希望条件を明確にしたりできるからです。
そうすることで実際に不動産会社や仲介業者を訪れた際にも、担当者に自分が希望している部屋のイメージを伝えやすくなり、スムーズに話が進みます。
一つ注意点としては、一般の賃貸物件検索サイトは二週間おきに更新されていますので、特に1月から3月の時期はインターネット上に掲載されていても契約が決まってしまっている場合があるということです。
ですから、気に入ったアパートマンションが見つかったら、できるだけ早く連絡をするのが望ましいといえます。
万が一すでに契約が決まっていたとしても、似たようなアパートマンションを紹介してもらいやすくなります。
また、インターネット上に掲載されていない物件もありますので、一度不動産会社や仲介業者に問い合わせてみるとよいでしょう。

■新大学生の一人暮らし
一人暮らしを始める人の中には、新大学生も多いかと思います。
新大学生がなるべく効率よくアパートマンション探しをするには、保護者と一緒に不動産会社や仲介業者を訪れることです。
なぜなら、未成年者の場合は保護者の契約が必要になることが多いからです。
内見等をして気に入ったアパートマンションがあったとしても、すぐに契約できずにお部屋が埋まってしまう場合があります。
また、成人していても連帯保証人は必要になりますので、アパートマンション探しをする際は事前に保護者と相談しておく必要があります。

【関連リンク】

効率のよい一人暮らしのアパートマンション探し ページ上部へ戻る