部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 東京で格安賃貸アパートマンションを探したい

東京で格安賃貸アパートマンションを探したい

東京の賃貸アパートマンションのイメージといえば、家賃が高いということを真っ先に思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
確かに日本の首都である東京は、ビジネスや経済の中心地であるだけあって、家賃相場が高いということは事実です。
多くの人が格安の賃貸アパートマンションを求めていますが、実は東京にもお手ごろな家賃の物件はあるのです。

■何をもって格安とするのか
格安という言葉は、お部屋を紹介する不動産業界ではあまり使用されません。
なぜなら、人によって何を持って「格安」と感じるのかが違うため、定義付けすることが大変難しいからです。
家賃だけを見るのであれば、お風呂がなかったりトイレが共同だったりするアパートもあり、その地域の家賃相場に対して安い賃料になっています。
しかし、特に女性では、そのような賃貸アパートマンションを避けたいと思う人も多いでしょう。
それと同時に、お風呂のない賃貸アパートマンションを借りたとすると、毎日の銭湯代がかかってきます。
銭湯の利用料が一回500円だとすると、一か月30日として、1万5千円の支出になります。
お風呂が付いていなかったり共同のトイレを毎日使用するストレス、銭湯代などを含めたトータルの支出、これらを考慮すると格安といえるかどうかは人それぞれ違ってくると思います。
賃貸アパートマンション選びの際には、家賃だけで格安かどうかを判断することは難しいと言えるのです。

■家賃と立地
就学就職している人の多くは、その近辺で賃貸アパートマンションを探そうと考えるでしょう。
特に東京の電車の混雑具合は厳しいもので、通学通勤時間に時間をかけたくないという人や満員電車が苦手という人は多いです。
都心部で格安アパートマンションを探しだそうとするよりは、少し郊外まで選択肢を広げてみることで、同じ予算でも物件数やお部屋の広さが変わってきます。
学校や職場のある駅の沿線上で探せば、乗り換えなく通勤通学ができます。
その他にも、始発駅を選べば毎日座って移動することができるのです。
また。駅からの距離が離れれば離れるほど家賃の相場は下がる傾向にあります。
坂の少ない平坦な街でしたら、自転車を購入すれば駅からの距離が気にならない事もありますので、できるだけ家賃を押さえたいという人は検討してみても良いかも知れません。

■格安の理由
賃貸アパートマンションを探していて格安と感じる物件を見つけたら、その地域の家賃相場を調べてみて、そのアパートやマンションの家賃と比べて見ます。
金額が大きくかけ離れている場合は、何か理由があるかもしれません。
例えば、そのお部屋の持ち主が転勤か何かの理由で、期間限定で貸し出している場合、家賃設定が低くなっていることがあります。
この場合、契約期間が終了すれば、通常のお部屋のように更新することができず、必ず退去しなければなりません。
契約の際に必ず不動産会社や仲介業者の説明があるはずですので、良く確認しましょう。
その他にも、近隣の入居者の問題や過去に起こった不幸事が理由で賃料が下げられているお部屋もあります。

こういったケースも不動産会社や仲介業者は義務として必ず説明しますので、そういったことをまったく気にしないという人でしたら良いかもしれません。

東京の賃貸アパートマンション探しで大切なことは、さまざまな条件を考慮して自分が納得のいくバランスを見極めることです。
その地域の家賃相場と比べて高い家賃であっても、その物件がセキュリティ設備が大変充実していることを考えれば格安だと感じる人もいるかもしれません。
譲れない条件と家賃をよく見比べて、自分が格安と思える賃貸アパートマンションを探しましょう。

【関連リンク】

東京で格安賃貸アパートマンションを探したい ページ上部へ戻る