部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 博多駅前にもあるマンスリーマンションの特徴とは

博多駅前にもあるマンスリーマンションの特徴とは

お仕事の都合などで、博多駅前などに引越しをする方も多いのではないでしょうか。
特に期間が決まって引越しをするとき、マンスリーマンションを探したりすることが多くなると思います。
マンスリーマンションとはどういったものなのでしょうか。

■マンスリーとは
マンスリーとは、名前の通り、月単位で借りることのできる賃貸物件です。
マンスリーのほかにウィークリーというものもあり、こちらは週単位での契約ができます。
普通の賃貸物件では、年単位、多くは二年契約であるため、短期間での契約がしにくく感じることが多いでしょう。
また、短期間で退去する場合、違約金などが発生するため、金銭的にも余裕がなくなることも多くあります。

ですが、マンスリーマンションの場合、月単位で契約できるため、例えば出張の期間内だけ暮らすことができます。
また、敷金や礼金保証人なども必要ないため、初期費用を大きく抑えることもできます。

利用期間が長くなる人のために、割引制度などもあります。
短期間でもすみやすく、また長い期間住むことになっても得をするということがマンスリーマンションの大きな特徴です。

■マンスリーマンションのメリットとデメリット
先ほども触れましたが、短期間だけの契約が可能である、ということが大きなメリットになります。
そしてすぐに生活できるように、家具や家電などが最初から備え付けられていることがほとんどです。
そのため、家具や家電を買い揃える必要もなく、極端に言えば着替えさえあれば今すぐにでも普通の生活をすることが可能です。
さらに、ガスや電気、水道などの契約をする必要もありませんし、光熱費も賃料に含まれているため自分から支払いをすることがありません。
慌しく契約に走ることもなく、来たその日から快適な生活をすることができるのが、マンスリーマンションの大きなメリットです。

ですが、家具や家電がそろっていること、ガスや水道などの契約、光熱費が含まれていることから、初期費用は高額になることが多いです。
入居に100万円程度必要な場合も多く、まとまったお金を準備する必要があります。
長く住むことによって割引制度などもありますし、デメリットと言い切ることはできませんが、そう感じる方も多いのではないでしょうか。

マンスリーマンションは、ホテル住まいをするよりも、快適であるということも一つのメリットです。
やはりホテルでの長期滞在は不便を感じることも多いでしょう。
ですが、マンスリーマンションは自宅になりますので、ホテルよりは住みやすさを感じることができるかもしれません。

また、博多駅前などでもそうですが、駅前にマンスリーマンションが建っていることが多く、利便性が優れています。
社会人の方は特に、その利便性を感じることができるでしょう。

会社などの都合で、短期間の滞在をする場合、マンスリーマンションはとても便利であるといえます。
用途に応じて、ウィークリーマンションなども視野に入れて物件を探してみてはいがでしょうか。

【関連リンク】

博多駅前にもあるマンスリーマンションの特徴とは ページ上部へ戻る