部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. マンション購入にかかる初期費用の内訳を知る

マンション購入にかかる初期費用の内訳を知る

マンションでも一戸建てでも家を買おうとする場合、建物の価格だけでは買うことができません。
いろいろな費用や手数料、また税金などが必要になってきます。
では、マンション購入の初期費用といわれるものにはどんなものがあるのでしょうか。

■頭金は自分で準備するもの
マンション購入の場合、その大部分を住宅ローンの返済で賄うことがほとんどです。
ですが、頭金や初期費用は現金で準備することが必要です。
頭金とは、住宅価格の一部分を自己資金から支払うお金のことです。
一般的に住宅価格のおよそ20パーセント以上が目安といわれています。
物件によっては20パーセント未満でもマンション購入ができる場合もあります。
でもその場合には、その分の住宅ローンの返済額が増えることになります。

■頭金以外の諸費用
頭金を20パーセント準備しても、その他に3〜5パーセントの諸費用が必要になります。
頭金とトータルして、住宅価格の実質23〜25パーセントを自己資金でやりくりしなければならないということです。
頭金以外の諸費用は、大きく分けてマンション購入時にかかる費用と住宅ローン借入時にかかる費用があります。
マンション購入時にかかる費用は、主に税金や保険料です。
もっとも大きい割合を占めるのは登録免許税といわれるものです。
これは、マンションの土地や建物が購入した人のものであるという証明となるもので、登記簿に氏名を記入します。
また、この登録免許税には税金も課せられます。
新築のマンション購入をした場合は、建物の登記もあわせて必要となりおよそ20万円位の登録免許税の支払いが必要です。
一般的に登記の手続きそのものは司法書士に代行してもらうケースがほとんどですが、その報酬として約10万円前後も合わせて支払います。
その他には契約書に貼り付ける印紙税も必要です。
住宅ローン借入時にかかる費用は、もっとも大きい初期費用とも言えるローン保証料があります。
これは、万が一返済が難しくなってしまったとき保証会社が代わりに返済するためのものですが、住宅ローンが返済されたとしてもその後保証会社へ返済をしていくことになります。
ローン保証料は、保証人を立てる代わりに必要なものとも言われその費用は数十万円にも上ります。
また、不幸にして亡くなってしまったときのための団体信用生命保険料もあります。
この保険はローン保証料と違って返済を肩代わりしてもらえばもう返済義務はなくなりますので、遺族にとっては安心なものです。

マンション購入の初期費用はこれほどにも多額の費用がかかることが大体お分かりいただけたと思います。

実際のマンション購入では、引っ越し費用や家具などの購入費用も初期費用として考えておくと良いでしょう。
マンション購入のあとはマイホームを手に入れたと一安心したいところですが、その後毎年課税される固定資産税の納付もあります。
マンションでは長期を見据えた修繕計画をもとに毎月積立もありますので、その分も含めて資金計画などをしていきましょう。

【関連リンク】

マンション購入にかかる初期費用の内訳を知る ページ上部へ戻る