部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 新しい住まいを探すためにアパート情報を集めよう

新しい住まいを探すためにアパート情報を集めよう

アパートを借りたい時にアパート情報を収集する方法は、インターネットを活用するか、不動産会社を訪問して直接探す。または賃貸情報誌やチラシを活用するかの主に3種類です。
どの方法がいいとは一概に言えません。それぞれの利点や注意点を考えてみます。

■インターネットでアパート情報を収集する
PCやスマホの普及によりアパート情報をインターネットで収集する人が年々増えています。
インターネットの利点は情報の鮮度にあります。サイトによりますが、紙媒体と比べるとすぐに情報を更新出来るので最新の情報が得られやすいでしょう。
インターネットには営業時間がないので、時間を気にすることなく、夜中でも自宅に居ながらにしてアパート情報を閲覧することが出来きるのも、忙しい現代人にとって利点です。
賃貸情報サイトでは独自のキャンペーンを行っていることもあり、お得にお部屋を借りることが出来るかもしれません。
広範囲の賃貸物件が登録されているので、自分の足で回れない遠方のアパート情報を得るときにもインターネットが優れています。
希望条件に合ったアパートを簡単に絞り込めることもインターネットの利点でしょう。アパート探しの検索方法が使いやすく工夫されているので、色々な条件で検索することが出来ます。
家賃などの基本条件だけではなく、楽器ペットなどの細かい条件も含めて検索出来るので、より精度の高い情報が得られます。
紙媒体と違いスペース等の制限がないため情報量が多く、物件の詳細な情報が得られます。写真や間取り図や文字情報を詳しく載せているサイトが多いです。
注意点は、物件が既に契約済みの場合がある点です。それは、不動産屋さんで物件の契約が決まってからインターネットに反映されるまでのタイムラグがある為なのです。

■不動産会社でアパート情報を収集する
近くのアパートを探すときには不動産会社に直接行ってみるのもいいでしょう。不動産会社は地元のアパート情報を中心に紹介しているからです。
格安なアパート情報を、インターネットに載せずに不動産会社の店頭にだけ貼るケースもあります。この様な場合には、直接不動産会社を訪ねなければ情報は得られません。
そして不動産会社の情報が一番新しいので、気に入ったアパートがあったのに空振りということもありません。
希望に沿った空室が出た場合に、連絡してくれるように頼んでおくことが出来るのも利点です。
気になったアパートがあれば、そのアパートに関して詳しく話しを聞くことが出来ます。また実際に現地に案内してもらって、自分の目で物件や周辺の環境も確かめることが出来ます。
ただインターネットと比べると物権の数は少なくなります。なので同時に沢山の情報を得ることは難しいでしょう。また、物件を回る数も時間の関係で限りがあります。
不動産会社を訪ねる時には、先客がいて担当者の手が空いていない場合もあるので、電話で問い合わせをしてから行ってみるのもいいかもしれません。

■情報誌及びチラシでアパート情報を収集する
情報誌の利点はアパート情報を知りたいときに、情報を総合的に捉えやすく一度に数多くの物件を比較することができる点です。
地域を限定したアパート情報を集めた情報誌やチラシが発行されていることもあるので、アパートを借りたい地域が決まっている人は求めている情報を集めやすいでしょう。
気をつけなければならないのは、インターネット等と比べた時の情報の鮮度です。印刷物は発行までや発送に時間がかかってしまうため、記載してあっても契約済のこともあるかも知れません。
また情報を沢山載せたいと思っても紙面に限りがある為、情報量に制限がかかってしまいます

このようにどの方法も一長一短で、利点も注意点もありますが、自分に合った方法で賢くアパート情報を収集しましょう。

【関連リンク】

新しい住まいを探すためにアパート情報を集めよう ページ上部へ戻る