部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. テラスハウスの特徴を知り賃貸物件を借りることを考える

テラスハウスの特徴を知り賃貸物件を借りることを考える

賃貸物件の種別は、アパートマンション、他に一戸建てやテラスハウスなどに分けられます。
テラスハウスとは、一戸建てが繋がっている集合住宅のようなもので独立した庭が各戸にあり、メゾネットやタウンハウスとは異なります。
日本で言うところの長屋にあたり、長屋建てや連続建て住宅とも呼ばれます。
テラスハウスは全国で探すことが出来、数も少なくありません。
このようなテラスハウスにはどのような特徴やメリット、注意点があるのでしょう。

■特徴
一戸建てと家の中の造りは変わらないので上階へ行く階段は家の中にあります。
一戸建てとの違いは、テラスハウスでは壁を隣と共有している点です。

■メリット
通常の一戸建てを借りるよりも費用が抑えられ、ファミリー向け新婚向けに物件が紹介されています。
住んでいる感覚的には一戸建てとそれほど変わらないので一軒家の雰囲気を感じたい方におすすめされています。
アパートとは違い、上下の階の音には気を付ける必要がないのも小さいお子さんがいらっしゃる方には有難いものでしょう。
賃貸マンション等にはない庭がそれぞれにあるので、ガーデニングや家庭菜園等の趣味を楽しみ、お子さんが遊ぶことも出来るでしょう。
庭先に駐車することが出来る物件もあり、駐車場の心配をしなくて済みますし、車と玄関の距離が近いと何かと便利です
家の出入りもマンションなどでは隣と近くて気になることもあるでしょうが、テラスハウスは、一戸建てと変わらないのでスムーズでしょう。
マンションとは違う贅沢な広い空間を費用を抑えて味わえるのがテラスハウスの大きな魅力であるといえます。
日当たりの良い物件も多く、最近では内装にこだわったデザイナーズ物件や設備の充実した物件もあります。
玄関先が塀で囲まれずオープンなのは、防犯面は一軒家よりも安全です。
また、貸す側にもメリットが多くあります。
借りる側に子供の快適な生活を考えるファミリーの方が多いので、立地に左右されずに物件選びの対象にしてもらえます。
入居者の質が高いのも特徴で、家賃滞納といったトラブルがおこりにくいです。

■注意点
隣と壁を共有しているため、隣家への音には配慮が必要であり、あくまでも繋がっているということを忘れないことが必要です。
隣の生活音が気になるのは賃貸物件の悩みどころではありますが、一戸建てとあまり変わらないテラスハウスでは通常のマンションなどよりも楽ではあります。
隣と接する場所が、収納スペースになっていれば更に音の問題は軽減できるので、事前に左右の家の間取りを確認しておくとよいのではないでしょうか。
建物の材質により音の響きやすさも変わってきます。
また、リフォームは単独では困難なことが多く、様々な制約がつくことが多いので注意が必要です。

【関連リンク】

テラスハウスの特徴を知り賃貸物件を借りることを考える ページ上部へ戻る