部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 自然に囲まれた長野県の特徴と長野市の賃貸事情

自然に囲まれた長野県の特徴と長野市の賃貸事情

長野県は、海に面していない本州内陸部にある県です。
一般的に、長野県のイメージは、スキー場などの観光名所や蕎麦などの名産品が思い出されます。
特に蕎麦は「信州そば」と呼ばれ、県内どこでもおいしいそばをいただくことが出来ます。長野県内には、蕎麦店の数が全国でも上位にあり、今でも蕎麦店は増え続けています。
ここで、長野県を地域別に一部紹介します。

■長野地域
千曲川と鼠川(ねずみがわ)二つの川が合流する地域を中心に広がっています。
四方を山々に囲まれた長野市を中心とした門前町です。
長野駅から善光寺をつなぐ道で、大縁日が3月下旬〜5月末まで行われています。
長野地域の一つ、千曲市は「あんずの里」と知られ、生産量は全国第一位です。
須坂市は、「蔵のまち」と言われ、古い町並みです。現在も、味噌の製造がさかんに行われています。

■松本地域
長野地域よりも南に位置している松本地域。
松本市を中心に高原が広がり、温泉、美術館など観光地もあります。
松本市は、信州まつもと空港もあり、九州や北海道へのアクセスにも便利です。
松本市の下にある塩尻市は、長野県第三位のレタスの生産量をほこります。
塩尻市は、野菜生産の約7割がレタスで占められています。そのレタスを使用したアイスクリームが作られています。

■大北地域(だいほくちく)
大北地域(だいほくちく)は、長野地域の西側に位置しています。
全国でも指折りの豪雪地帯で、長野オリンピックでも使用されたスキー場があります。
高速道路から近いスキー場もあるため、ファミリーやカップルが数多く訪れます。
大北地域の大町市には、郷土色の灰焼きおやきがあります。
灰焼きおやきとは、なべの中で一度表面を焼き、焦げ目がついたら灰の中で蒸したおやきです。中の具は、多種多様にあり、時期によって趣向凝らした具もあります。

ほんの一部ですが、長野県の地域の特徴を紹介してきました。2015年には、北陸新幹線も開通し、関東地域から観光に訪れやすい県と注目されています。
雪の多い長野市の物件の特徴は、雪の重みで壊れないように屋根のひさしが短いつくりとなっています。
また、寒い外気を遮断するために玄関の扉が二重にになっていたり、窓が二重ガラスを使っている傾向があります。
代表して長野市の賃貸物件の家賃相場を紹介します。長野市の家賃相場は、一人暮らし向けで4万円前後。1LDKタイプなどは5万5千前後。ファミリー向けの2LDKは6万円前後となっております。

長野市の冬場は寒いようです。光熱費や節約のため、寒さ対策のしっかりした賃貸物件を選ぶのも良いでしょう。

【関連リンク】

自然に囲まれた長野県の特徴と長野市の賃貸事情 ページ上部へ戻る