部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 下町情緒溢れるお花茶屋の賃貸アパートマンション

下町情緒溢れるお花茶屋の賃貸アパートマンション

東京のどのエリアで賃貸物件を借りようかと考える際には、おおざっぱにわけて東京の東側と東側に区分することができます。
丸の内や霞ヶ関などの東京の中心をはさんで、西側は比較的新しく形成された街が多く、東側は江戸の歴史を感じる下町情緒溢れる街が多くなっています。
人それぞれの街の好みや会社や学校の位置によっても、どの街で賃貸物件を探すかは異なってきます。
親しみ深く気取らない雰囲気の街が好きな方は、東京の下町エリアとも言われる東側の街を検討してみてはいかがでしょうか。
そんな江戸の下町情緒あふれる街の一つとして、東京都葛飾区のお花茶屋という地域を知っていきましょう。

お花茶屋の駅前商店街
お花茶屋駅前には、100以上のお店が立ち並ぶ活気ある商店街が広がっています。
買い物客でにぎわう昼過ぎから夕方にかけては、車の通行を止めて歩行者天国になっているので、子ども連れでの買い物も安心です。
商品の値段も良心的なものが多く、毎日利用したくなる雰囲気です。
たまに行われている商店街のイベントや店員さんとのやり取りでも、下町の雰囲気を楽しむことができます。
賃貸物件を探している人の中には一人暮らしの人もいるかも知れませんが、こんな商店街が近くにあれば寂しいと感じることもなさそうです。

■お花茶屋の名前の由来と歴史
お花茶屋賃貸アパートやマンションに住もうとしているなら、地名の由来を知っておくと、ご近所さんとの会話のネタになるのではないでしょうか。
お花茶屋という地名の由来は、江戸時代までさかのぼり、歴史上の人物として大変有名な徳川吉宗がつけた地名と言われています。
徳川吉宗が体調を崩してしまった際に、このあたりにあったお茶屋さんのお花という女性が介抱したところ見る見るうちに回復したため、感謝の気持ちをこめてお花茶屋という地名をプレゼントしたそうです。
地名の由来からも江戸の名残りを感じることができますが、お花茶屋周辺にはそのほかにもさまざまな歴史的スポットが存在します。
さらに詳しく歴史を知りたくなった人は、親水公園の近くにプラネタリウムを併設した郷土資料館がありますので訪れてみても良いでしょう。

お花茶屋の住環境
賃貸物件を探す際には、その地域の住みやすさも気になります。
まず、交通アクセスですが、23区内の街というだけあって短時間で主要な繁華街やビジネス街に行くことができます。
お花茶屋駅には京成電鉄の京成本線が乗り入れていますが、この路線を利用すれば日暮里上野まで乗り換えなしでアクセスできますし、下りの電車に乗れば千葉や成田空港まで行くことも可能です。
次に自然の多さですが、街の中には公園が多く、東京都内でありながら緑が多いのも嬉しいポイントです。
水路を利用した公園では、水遊びもできますので子育て世帯に喜ばれているほか、休日の散歩コースとしても最適です。
賃貸物件の家賃相場を見てみても、東京都内では比較的リーズナブルな金額ですので、下町の雰囲気が気に入った方はお花茶屋の賃貸物件を一度検索してみても良いでしょう。

【関連リンク】

下町情緒溢れるお花茶屋の賃貸アパートマンション ページ上部へ戻る