部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 草加市では賃貸マンションと賃貸アパートどちらがよいか

草加市では賃貸マンションと賃貸アパートどちらがよいか

おせんべいが有名な草加市の賃貸物件の特徴は、マンションとアパートの数にあまり差がないということです。
細かく言えばアパートの数の方が若干多くなっています。
草加市では、賃貸アパートと賃貸マンションのどちらに住むのが良いでしょうか。

■アパートとマンションの違い
賃貸物件を探すときに必ず目に付くアパートやマンションという区分。
そもそもアパートとマンションの違いは何でしょうか。
実は意外にも、アパートとマンションには明確な定義がありません。
しかし、便宜上不動産業界ではその建物の構造によって区分することが多いのです。
アパートと区分される構造は木造や軽量鉄骨造であり、マンションと区分されるのは鉄筋コンクリート造や重量鉄骨造です。
木造や軽量鉄骨造ではあまり大きな規模の建物を作ることができないのに対し、鉄筋コンクリート造や重量鉄骨造では高層マンションなどの大規模な建物をつくるのに向いています。
そのため、アパートは比較的小さな物件、マンションは大きい物件というイメージをもたれています。

■アパートとマンションそれぞれのメリット
草加市の街並みを見てみると、東京の都心に比べてゆったりとした雰囲気があります。
これは、土地の区画が大きいということや背の高い建物が少ないということが関係しています。
草加市で賃貸物件を選ぶ際には、この特徴を覚えておくと良いでしょう。
東京の都心部で賃貸アパートを借りると、場所によっては周りにある背の高いマンションに日の光が遮られ、日当たりが悪いということもあります。
一方草加市では、一つの土地の区画が比較的大きいため、建物間の距離も東京都心部にくらべてゆとりがあります。
ですので、規模の小さい賃貸物件を選んでも、東京に比べて日当たりの心配をすることが少なくなるといえます。
また、マンションでも草加市にはタワーマンションのような背の高いものは少なくなっています。
低層階や中層階のマンションのメリットは、災害などでエレベーターが停まった際などに身動きがとりやすいということです。
エレベーターが停まってしまうと、自分の部屋のある階まで階段を利用しなければなりません。
もう一点、マンションは一般的に外部の騒音問題に強いといわれています。
草加市はもともと工場の多い町ですので、作業音が出る工場の近くで賃貸物件を探す際にはマンションを選ぶのも一つです。

その他、草加市に限らず一般的なマンションに言えるのは、アパートに比べてセキュリティがしっかりとした物件が多くなっているということです。
防犯面が心配な人は、セキュリティ対策が充実したマンションを選ぶと良いでしょう。

【関連リンク】

草加市では賃貸マンションと賃貸アパートどちらがよいか ページ上部へ戻る