部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸か購入かは自分の持つテーマで比較してみる

賃貸か購入かは自分の持つテーマで比較してみる

生活していく住居は賃貸と購入のどちらが良いのだろうかと、皆さんも一度は思ったことがあるのではないでしょうか。
人々の生活スタイルの多様化や時代の流れなどにより、ひとたび住宅情報を得ようと思ったら選択肢も昔とは比較にならないほど多岐にわたっています。

■自分にとってのテーマ
昔であれば結婚して家庭を持つと、賃貸住宅に住んだり、戸建ての分譲住宅やマンションを購入して所有するのかのどちらかを選択する方がほとんどでした。
現代では「おひとりさま」という新しい言葉も生まれるほど、結婚そのものを選択しない方がどんどん増えています。
一人で生きていこうとする方も家庭を持つ方も、これから先どんな生活形態をしていくのか自分にとってのテーマが大事なものになってきます。
特に女性の未婚が年々増しており、雑誌などでは毎号と言っていいほどマンション購入のノウハウのような特集記事が組まれています。
しかし、そのような世相にただ踊らされてしまうのはちょっと考えものです。
賃貸であっても購入であっても、あくまで住むのは自分という視点はいつでも見失わないようにしたいものです。

■賃貸と購入を比較してみる
賃貸の場合は、家賃を支払い続けていきますが、どんなに長い年月で支払い続けても自分のものになることはありません。
しかし、購入の場合は戸建てや分譲マンションは購入する資金を確保できればその物件は自分の自己所有物となります。
そして、その物件は将来も自分の資産として残ります。
ですが、一括で購入する方はほとんどおらず、大部分の方が購入の際に住宅ローンを利用します。
住宅ローンは何十年という長い期間で返済をしていくものであり、期間が長くなれば長くなるほどローンの借入金に金利が付いて回ります。
何十年という返済期間を見据えたら、元金に対して金利も含まれることで相当な額の返済額に増えることになってしまいます。
さらには、無事に返済が終了しても数十年を経た建物の資産価値はほとんどないものだということも覚悟する必要があるでしょう。

賃貸の場合は、資産として自分の手元には残るものではないけれど家賃の支払いだけのほうが気楽という考え方もあります。
一方で購入の場合は、月々の返済は少し大変だけど、先々自分の子供に資産を残したいと考えて選択なさる方もいらっしゃるでしょう。
また、賃貸と購入どちらなのかによって、それぞれで見たトータルの収入の目安も変わってくるでしょう。
賃貸か購入かを比較してみても、どちらが正しいということはありません。
自分と家族の将来にとって何がベストなのかを見極められれば、おのずと結論が出てくるかもしれません。

【関連リンク】

賃貸か購入かは自分の持つテーマで比較してみる ページ上部へ戻る