部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 博多のアパートから引っ越すときに損をしないためのポイント

博多のアパートから引っ越すときに損をしないためのポイント

今まで博多のアパートに住んでいたけれど、引越しを余儀なくされている方もいるでしょう。
住みなれた博多を離れるということは寂しいですが、引越しというものには時間もお金もかかります。
あまり感傷に浸っている暇もなくすぐに引越しをしなければいけない方も多いでしょう。
そして引越しにはお金も時間もかかりますので、慌しく準備をしなければいけないことも多くなります。
今住んでいるアパートから退去する前に、一度お部屋全体を見回してみましょう。
きれいに使っている方も多いでしょうし、そうではない方もきっといるのではないでしょうか。
アパートから退去する場合には、室内をクリーニングしなければいけません。
次の人に貸す為に、入居したときと同じくらいきれいにして引き渡すことになります。
室内のクリーニング自体は自分たちでやるものではありませんが、部屋の状況によってはお金が発生します。
退去時にお金をあまり払わなくて済むように、ちょっと頑張ってみませんか。

■きれいに使うことを心がけよう
部屋の中で破損したり故障したものなどは、状況によって入居者の負担で直すことになります。

例えばキッチンや洗面台などの汚れです。
カビなどが発生している場合には、手入れ不足だったということで入居者の負担になります。
退去前に慌てて掃除をすることは大変ですから、普段からきれいに使うようにしましょう。
使った後にふきんで拭くだけでも、後々のきれいさは大きく変わってきます。

タバコをすっている方は、入居者の負担で壁紙などの張替えを行う場合が多くなるでしょう。
入居したときには真っ白な壁紙だったのに、退去するときには茶色く変色してしまっているということがあるでしょう。
タバコはなるべく外で吸うか、換気扇の下で吸うことによって必要以上のヤニ汚れが付くことを防ぐことができます。
もしくは入居したときから、入居者負担の分ということで貯金してしまってもいいかもしれません。
もしそのお金が余ったら好きなことに使うこともできます。

フローリングも注意してみてみましょう。
重いものを落としたときの傷やへこみ、ちょっとした汚れなどでも入居者の負担になってしまうことがあります。
物を落とすことを防ぐことはできませんが、カーペットやラグを敷くことによって傷付きにくくなります。

きれいに使い続けるということは難しいですが、ちょっとした対策をすることで最小限の汚れで済むことが多いです。
お部屋をきれいに使い続けることで、住んでいるだけで気持ちがいい場所にすることもできます。
ちょっとだけ気をつけてみるだけで、退去時の負担が大きく抑えられるかもしれません。
博多から引越しをされる際には、きれいなアパートのまま返すこともいいのではないでしょうか。

【関連リンク】

博多のアパートから引っ越すときに損をしないためのポイント ページ上部へ戻る